「楽天モバイル」5Gの料金を半額以下の月2,980円にしても利用者が増えないと予想されるワケ

2020年9月30日、楽天モバイルは5Gの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を月額2,980円と、他キャリアの半額以下で提供すると発表。しかも、1年間無料や実質スマホ0円キャンペーンも展開するという。だが、それでも筆者は楽天モバイルの利用者が劇的に増えることはないと予想するが、そのワケとは……。

5G使い放題で月額2,980円は破格の安さ!

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

 2020年9月30日、第4の携帯キャリア「楽天モバイル」は、5Gのデータ使い放題プラン「Rakuten UN-LIMIT V」の携帯料金を月額2,980円にすると発表した。5Gのプランについては、ドコモが月100GBで月額7,650円、KDDI(au)が上限なしで月額8,650円、ソフトバンクが50GBで8,480円なのだから、5G使い放題で半額以下を打ち出した楽天モバイルの衝撃は大きい。しかも、5Gの「Rakuten UN-LIMIT V」は、1年間無料で提供されるという。楽天モバイルでは、すでに4Gプランの「Rakuten UN-LIMIT」でも1年間無料を実施していたが、今回の5Gプラン発表により4Gの「Rakuten UN-LIMIT」加入済みのユーザーも、追加料金なしで5Gの「Rakuten UN-LIMIT V」に移行できるのだ。
 これで楽天モバイルも大きく飛躍できると言いたいところだが、残念ながらそう簡単にいかない事情も抱えている。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルの5Gプラン「Rakuten UN-LIMIT V」は“かけ放題”込みなので、通話料を含んだ料金で比較すると71%も安いことになる。価格面で他キャリアよりかなり安いのは間違いないが……

目標の300万回線にはほど遠い楽天モバイル

 そもそも楽天モバイルは、ドコモ回線を利用した格安SIMのサービスも行っており、230万人もの顧客を抱えていた。この230万人が、そのまま「Rakuten UN-LIMIT V」に移行してくれれば、楽天モバイルが目標としている300万人の達成は容易である。ところが「1年間料金無料」「1円スマホ提供」など、ド派手なキャンペーンをいくら打っても、契約者は思うように増えていない。実は楽天モバイルは2020年6月時点で100万回線を突破したと発表したが、総務省の統計では楽天のシェアはわずか0.3%(約57万回線)に過ぎなかったことが判明している。
 そこで、楽天モバイルは更なる起爆剤として、5Gのデータ使い放題プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を月額2,980円で提供するとブチ上げたというわけだ。しかし、それでも筆者には楽天モバイルの契約者が劇的に増えるとは思えないのだ……。

(Image:soumu.go.jp)

総務省が2020年6月末時点の携帯電話回線シェアを発表。一番右のグラフが2020年6月のものだが、楽天モバイルは1億8,846万回線の0.3%(約57万回線)であることが確認された

「楽天モバイル」5Gの料金を半額以下の月2,980円にしても利用者が増えないと予想されるワケのページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GAndroidiPhone楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。