「楽天モバイル」5Gの料金を半額以下の月2,980円にしても利用者が増えないと予想されるワケ

楽天モバイルの5Gエリアはかなり厳しい……

 楽天モバイルの5Gプラン「Rakuten UN-LIMIT V」の携帯料金は、他キャリアの半額以下である月額2,980円で提供される。しかも1年間タダだ。ところが、楽天モバイルの自社回線は4Gですらまだまだ足りていない。5Gにいたっては東京でもごくごく一部でしかアンテナが立っていない状況だ。果たしてこの状況で5G料金プランだと言えるのだろうか……。
 しかも、ライバルのNTTはドコモを完全子会社化するためTOBを仕掛けており、近い将来にドコモが5G料金を大幅に下げてくるのは間違いない。そうなればKDDIやソフトバンクも値下げせざるを得なくなるだろう。詳しくは→こちらを参考にしてほしいが、楽天モバイルも決して安心してはいられない状況が続くと予想されるのである。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルのエリアマップ。ピンクはパートナー回線(au)エリア。濃いピンクが自社回線である。4Gですらまだまだアンテナが足りていないが、5G回線にいたっては2020年9月30日現在、東京でアンテナが立っているのは世田谷区瀬田などごく一部である

楽天モバイルはサブ機として契約すればOK!

 しばらくは厳しい状況が続きそうな楽天モバイルだが、最近筆者は、楽天モバイルは今使っているスマホとは別のサブ機として、新規契約してみてもいいのではないかと考えるようになった。その理由は、そもそも楽天モバイルは4Gプランだと割り切れば、1年間スマホがタダで利用でき、実質タダでスマホもゲットできる。しかも、解約時の違約金もないので決して損することはないからだ。
 たとえば、実質0円でもらえる「AQUOS sense3 lite SH-RM12」などは、おサイフケータイ(NFC)対応なので、マイナンバーカードの読み取りも対応している。今筆者が使っているスマホはおサイフケータイ非対応なのでマイナポイントの申請で苦労したが、何のしばりもなく“最新のおサイフケータイ対応スマホがタダでもらえる”。それだけでも、筆者は楽天モバイルに加入する意味があると思うのだ。もちろん、何でも面倒くさいと言うオジサンに無理強いはしないが……。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

「Rakuten UN-LIMIT V 申込キャンペーン」では、最大2万6,300ptのポイント還元があるという。たとえば、価格1万8,700円(税込)の「Rakuten Mini」を買うと2万2,000ptももらえる。実質0円どころじゃない!

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

マイナンバーカードも読み込めるおサイフケータイ(NFC)対応の「AQUOS sense3 lite SH-RM12」は一括2万3,619円だが、新規申込キャンペーンで2万6,300ptももらえるので実質0円だ。これはお得!

●楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」(公式)は→こちら

「楽天モバイル」5Gの料金を半額以下の月2,980円にしても利用者が増えないと予想されるワケのページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GAndroidiPhone楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。