「Antimalware Service Executable」のCPU使用率が高いときの対処法!

「Antimalware Service Executable」というプロセスが高いCPUの使用率を占めていて困ってはいないだろうか。
「Antimalware Service Executable」でCPU使用率が高い時の対処方法を紹介しよう。

「Antimalware Service Executable」とは

 PCを利用していて重いと感じた時、タスクマネージャーなどでCPU使用率を確認したところ「Antimalware Service Executable」が高いCPU使用率を占めていたという経験は無いだろうか。また、高いCPU使用率を占める「Antimalware Service Executable」のタスクを見つけても「Antimalware Service Executable」とは何のタスクか分からずに、停止してもいいものなのか迷った方も多いかと思う。
 はじめに、CPU使用率で高い割合を占める場合がある「Antimalware Service Executable」というプロセスとはなんのプロセスなのか紹介しよう。「Antimalware Service Executable」とは何か分かると、PCが重いときなどに停止しても良いプロセスなのか判断しやすくなる。

・Microsoft社が提供しているウイルス対策ソフト

「Antimalware Service Executable」とは、Microsoft社がWindows10で提供しているウイルス対策ソフト「Windows Defender」のプロセスだ。つまり、「Antimalware Service Executable」とは「Windows Defender」作動時に走るプロセスのため、「Windows Defender」を走らせている状態の時には同時に起動するプロセスであるといえる。
 以前までのOSにも最低限のセキュリティ対策機能を持った、「Windows Defender」は搭載されていたが、Windows10の「Windows Defender」には同社がWindows7までに配布していたMSEと呼ばれているウイルス対策ソフトの機能も統合されている。

「Antimalware Service Executable」のCPU使用率が高くなる原因

「Antimalware Service Executable」とは「Windows Defender」のプロセスだと理解できたところで、なぜ「Antimalware Service Executable」が高いCPU使用率を占めているのかを紹介しよう。
 OSにデフォルトで搭載されているウイルス対策ソフト「Windows Defender」には常時ウイルスをスキャンしたりネットワークを監視したりしてシステムを守る役割がある。この機能を担っているプロセスが「Antimalware Service Executable」だ。
 そのため、大量のファイルをまとめてスキャンしているときや、「Windows Defender」で利用されているウイルスの定義などが更新されたときには、「Antimalware Service Executable」プロセスがこれらを適用するために、高いCPU使用率を占めることとなる。通常、これらの処理が完了すると「Antimalware Service Executable」が占めていた高いCPU使用率は解放されるので、手動で停止などの操作を行う必要はない。

「Antimalware Service Executable」のCPU使用率が高いときの対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAntimalware Service ExecutableCPU使用率PCが重いタスクマネージャー設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。