コロナ禍で美意識男子急増中! 次のトレンドは“映える”Web会議?

“あおり”は運転でもWeb会議でも禁止!

思いがけない位置の白髪の存在に気づいてしまうことも…

 普段の生活でチラッと鏡を見ただけならさほど気にすることのない自分の顔も、常時画面に映っているとなれば気になってしまうのは仕方のないことだ。さらにWeb会議は、自分だけでなく他参加者の顔も画面に映っているもの。いくつも顔が並んでいたら、その中で自分の顔の映りの良し悪しを比較してしまうのは当然のことだろう。
 調査でも、31.0%の男性が「Web会議で美意識が高まった」と感じているといい、「画面越しに自分の顔を見るのは嫌だ・どちらからというと嫌だ」という回答もほぼ半数となった。やはりみんな、周囲と比べてしまい「俺の表情、明らかにくたびれてる?」「周りより輪郭大きくない?」といったコンプレックスを感じることも少なくないようだ。

 “自分がベストに映る角度”の追求は以前から女子の間では比較的普通の事柄だった。しかし今後Web会議がビジネスの世界に定着していった場合、30代のビジネスパーソンたちにも“Web会議映え”が求められ、自分のベスト角度の把握がビジネススキルのひとつなる可能性も絶対に無いとは言えないだろう。今のうちから研究を開始しておくのも、悪い選択肢ではないのかもしれない。
 筆者の経験からひとつ言えるのは、PCのカメラが顔より下にある“あおり”の角度は、ほぼ確実に失敗するということだ。みなさんも気をつけていただきたい。

参照元:コロナ禍 オンライン会議増加で男性に変化 3人に1人が美意識の高まり実感男性のほぼ半数が自分の顔を画面越しに見ることが「嫌だ」と回答【ランクアップ】

コロナ禍で美意識男子急増中! 次のトレンドは“映える”Web会議?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWeb会議Zoomオフライン会議ビデオ会議美意識男子】の最新ニュースをいち早くお届けします。