【Chrome】「ERR_CACHE_MISS」というエラーが表示されたときの原因/対処法を解説!

Chromeで「ERR_CACHE_MISS」というエラーが表示されたことはないだろうか。突然「ERR_CACHE_MISS」が表示されるとかなり戸惑ってしまう。そこで今回は、「ERR_CACHE_MISS」が表示される原因と対処法を解説しよう。

【Chrome】「ERR_CACHE_MISS」のエラーが表示される原因

 Chromeを利用していて「ERR_CACHE_MISS」というエラーが表示されて困ってはいないだろうか。Chromeを利用していて突然、「ERR_CACHE_MISS」エラーが表示されてWebページの表示ができなくなってしまうとかなり戸惑ってしまう。そこで今回はChromeで「ERR_CACHE_MISS」エラーが表示された時の原因や対処法を紹介する。まずは、Chromeで「ERR_CACHE_MISS」エラーがなぜ表示されるのか、「ERR_CACHE_MISS」エラーの原因を解説しよう。

・キャッシュコピーを取得できていない

 Chromeに表示される「ERR_CACHE_MISS」エラーの原因は、ChromeがWebページのキャッシュの取得に失敗したことだ。キャッシュとはChromeだけでなく、すべてのブラウザが持っている機能で一時的にWebサイトの情報をコピーして保存しておく機能のことだ。キャッシュはサイトの表示や同じサイトにアクセスした時の表示速度向上を目的として利用されている機能だ。
 キャッシュは通常、一定期間経過後に削除されるが何らかの原因でキャッシュが堆積してしまうこともある。それが原因で動作が重くなったり今回のようなエラーが発生する原因にもなったりするので、キャッシュについてはどのようなものかくらいは覚えておくと良いだろう。
 「ERR_CACHE_MISS」エラーだけでは、なぜChromeがキャッシュ取得に失敗したのか根本原因はわからないが、キャッシュ関係が原因だということは特定できる。Chromeがキャッシュの取得に失敗する原因についてはバージョンや設定内容など様々な原因があるので、次項からはChromeの「ERR_CACHE_MISS」エラーにおける対処法として、Chromeがキャッシュ取得に失敗してしまう原因と対処法について見ていこう。

【Chrome】「ERR_CACHE_MISS」というエラーが表示されたときの原因/対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスERR_CACHE_MISSGoogleGoogle Chrome】の最新ニュースをいち早くお届けします。