iPhoneからWindows 10へインポート中に「デバイスに到達できません」表示エラーの対処法

Windows 10でiPhoneで撮影した写真や動画を取り込もうとした時に「デバイスに到達できません」というエラーが表示されて、写真や動画を取り込めない現象で悩んではいないだろうか。「デバイスに到達できません」エラーの対処法を紹介しよう。

「デバイスに到達できません」「システムに接続されたデバイスが機能していません」とは?

 Windows 10のパソコンにiPhoneを有線で接続して、iPhone内に保存されている写真や動画をWindows 10パソコンにインポートしようとした際、「デバイスに到達できません」というエラーが表示され、iPhone内の写真や動画が一部もしくはすべてインポートできないという現象を体験したことは無いだろうか。まずは「デバイスに到達できません」というエラーについて紹介しよう。

・iPhoneからWindows10に写真や動画をインポートする際にエラーが発生したとき

 「デバイスに到達できません」とは、Windows 10などWindows系OSでiPhoneから写真や動画をインポートしようとした際に表示されるエラーだ。「デバイスに到達できません」エラーが表示されてしまった場合、iPhoneからインポート中だった写真や動画はインポートが中断されて、残りのiPhone内にある写真や動画をインポートできなくなってしまう。
 「デバイスに到達できません」はiPhoneとWindows 10のインポート中に、ケーブルの接触不良などでエラーが発生した時に表示されるが、実際にはコピー中Windows 10やiPhoneどちらにも全く触っていなくても、「デバイスに到達できません」エラーが表示されることもある。
 また、一度「デバイスに到達できません」エラーが発生してしまうと、iPhoneを一度、Windows 10から切断して再度接続するまで、Windows10上から認識できなかったり認識していてもiPhone内のストレージが表示されずに、写真や動画のインポートが行えなくなってしまう。
 特に、iPhoneで大量に撮りためた写真や動画をWindows 10にインポートしようとしている時に多く発生するエラーである。最近は、iPhoneをパソコンに繋ぐ機会も減ってきて入るが、写真や動画のバックアップやiTunesとの同期のためにはiPhoneとパソコンの接続は必要不可欠だ。
 また、iPhoneをパソコンに接続する場面には、写真や動画のコピー以外にもiTunesでの同期があるが、iTunesでの同期中には「デバイスに到達できません」は発生しない。あくまでも、iPhoneに保存されている写真や動画をWindows 10を始めとしたWindows系OSからインポートしている時に発生するエラーだ。

iPhoneからWindows 10へインポート中に「デバイスに到達できません」表示エラーの対処法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスiPhonewindows10インポート】の最新ニュースをいち早くお届けします。