あなたは何枚持っている? 複数のクレジットカードを持つメリット3選

クレジットカードは、一般的な買い物のレベルならたいていのものが買えてしまう便利なカードだ。一枚財布に入っているだけで、購入できる品物の幅が大きく広がり買い物をする際の安心感が違ってくることだろう。また30代・40代となってくると、1枚だけでなく複数枚のクレカを所持するビジネスパーソンも少なくない。
今回は、そんなクレカを複数持つことのメリットを3つご紹介したい。

現代では当たり前のクレカ複数持ち

世の中には10枚以上のクレカを所持している人もいる

 クレジットカード決済といえば、高度経済成長の時代から日本でも利用されるようになり、長い歴史を経て世間に浸透している決済方法だ。2019年頃から国がキャッシュレス決済の普及に取り組むようになって利用可能な場面が増えたことも追い風になったのか、ここ数年も年を追うごとに契約数が増加を続けている(日本クレジット協会「日本のクレジット統計」調べ)。

 さらにクレジットカード会社のジェーシービーが発表した「クレジットカードに関する総合調査 2019年度版 調査結果レポート」によれば、クレカ契約者の平均保有枚数は3.0枚。そのうち平均2.0枚を携帯しているという。では、いったいなぜ複数のクレカを保有・携帯しているのだろうか。

あなたは何枚持っている? 複数のクレジットカードを持つメリット3選のページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレスクレカ】の最新ニュースをいち早くお届けします。