【Windows 10】ショートカットキーでタスクマネージャーを起動させる方法!

【Windows 10】その他の方法でタスクマネージャーを起動させる方法

 タスクマネージャーを起動させる方法はショートカットだけではない。ショートカットを利用しないその他の方法もいくつかある。本項ではその他の方法として、3つのタスクマネージャーを起動させる方法を紹介するので、ショートカットで起動させる方法と合わせてその他の方法もぜひマスターしてほしい。その他の方法を利用すれば、マウスだけでタスクマネージャーを起動したり、キーボード操作だけで操作できるがショートカットの入力は行わずに、タスクマネージャーを起動したりと様々な操作でタスクマネージャーを起動できるようになる。

・コマンド入力で起動させる場合

 タスクマネージャーをコマンド入力で起動させる方法をご存知だろうか。コマンド入力で起動させる方法とは、タスクマネージャーをプログラム名で呼び出して、起動させる方法だ。
 コマンド入力で起動させる方法を利用すれば、タスクマネージャーを「ファイル名を指定して実行」や「コマンドプロンプト」などから呼び出すことができる。また、シェルスクリプトやVBAなどで開発を行っている方であれば、タスクマネージャーの呼び出しコマンドを利用して、プログラム上からタスクマネージャーを呼び出すことが可能となる。

コマンドでタスクマネージャーを起動させる場合、タスクマネージャーのプログラム名である「taskmgr」を利用する。例えば、ファイル名を指定して実行で「taskmgr」と入力すれば、タスクマネージャーを呼び出すことができる。同様のことがコマンドプロンプトでも可能だ

・マウスで起動させる場合

 多くのユーザーが利用している方法として、マウスでタスクマネージャーを起動させる方法もある。この方法ではキーボードを一切操作すること無く、タスクマネージャーを起動させることができるので、キーボードを利用できないような環境のパソコンに最適だ。

マウスでタスクマネージャーを起動させる場合には、タスクマネージャーの何もない場所を右クリックする。右クリックすると、右クリックメニューが表示されてメニューの中に「タスクマネージャー」が表示される。あとは、この「タスクマネージャー」をクリックすることで、タスクマネージャーをマウスで起動することができる

・キーボードで起動させる場合

 ショートカットを使う方法以外で、キーボードからタスクマネージャーを起動させる方法を紹介しよう。実は、ショートカットを利用せずともキーボードのみでタスクマネージャーを起動させることが可能だ。

タスクマネージャーのショートカット操作以外で、キーボード操作でタスクマネージャーを起動させるには、はじめに「Ctrl」+「Alt」+「Del」を押下する。これでPCのロックや再起動などを行えるメニューが表示される。この中に「タスクマネージャー」という項目があるので、キーボードの「↓」キーでタスクマネージャーを選択して、「Enter」を押下することで、タスクマネージャーのショートカットを用いずにキーボード操作だけで、タスクマネージャーを起動させることができる

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Windows 10】ショートカットキーでタスクマネージャーを起動させる方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10ショートカットキータスクマネージャーパソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。