【Twitter】フリカエッター(Frikaetter)で過去のツイートを振り返る方法!

フリカエッター(Frikaetter)で過去のツイートを振り返る方法

 フリカエッター(Frikaetter)で過去のツイートを振り返る方法を紹介しよう。フリカエッター(Frikaetter)を利用するには、Twitter IDが必要なのでツイートを振り返りたいTwitter IDを用意しておこう。

・Twitterアカウントでログインする

 フリカエッター(Frikaetter)を利用するには、はじめにフリカエッター(Frikaetter)とTwitterのアプリ連携を行う。フリカエッター(Frikaetter)のTwitterログイン画面を開こう。

・TwitterIDを入力する

 フリカエッター(Frikaetter)のログイン画面を開いたらTwitter IDを入力する。Twitter IDを入力したら「連携アプリを認証」をクリックしよう。これでフリカエッター(Frikaetter)を利用して3200件までの過去のツイートを確認可能だ。

フリカエッター(Frikaetter)を利用したい、IDでTwitterにログインしたら「連携アプリを認証」をクリックするとフリカエッター(Frikaetter)が利用できる。フリカエッター(Frikaetter)が認証したIDのTwitterでできることが表示されるので、確認しておこう

フリカエッター(Frikaetter)を使うときの注意点

(Image:Sattalat Phukkum / Shutterstock.com)

 フリカエッター(Frikaetter)を使うには、一点注意しておきたいポイントがある。フリカエッター(Frikaetter)の注意ポイントを紹介するのでフリカエッター(Frikaetter)の利用を検討している方はぜひ参考にしてほしい。

・遡れるツイートは過去3200件まで

 フリカエッター(Frikaetter)は過去のツイートを遡れるが、フリカエッター(Frikaetter)で閲覧可能な過去のツイートは3200件までだ。3200件以上ツイートしている場合、間近3200件までのツイートが閲覧可能だ。
 もしも3200件以上閲覧したい場合や、過去のツイートをすべて取得したい場合にはTwitterの公式機能でデータをエクスポートできるのでそちらを利用しよう。

【Twitter】フリカエッター(Frikaetter)で過去のツイートを振り返る方法!のページです。オトナライフは、【SNSFrikaetterTwitterツイート】の最新ニュースをいち早くお届けします。