ターニングポイントは30代後半? あなたのキャリアアップは順調なのか

世の中には、目標とする将来に向けて日々スキルアップに励むビジネスパーソンが数多く存在する。キャリアアップのため自分を高め続けている人と、現在に満足して現状維持で十分だと思っている人。40代後半や50代になれば大きな差として表れてくるのは確実だ。では、その差が明確になるのはいつ頃なのだろうか?
今回は、収入の分布から見るキャリアの差が生まれる時期について考察していきたい。

20代は給与のボリュームゾーンが固まって上昇する

入社後しばらくは同期同士で差をつける企業は少ない

 学校を卒業し新卒として入社したばかりのビジネスパーソンは、多くの場合社会人一年生として横並びでスタートする。しかし社会に出た瞬間からその競争は始まっており、デキるビジネスパーソンであれば多くの経験を積むことで同期の集団の中から頭角を現してエリートへの道を歩んでいくことになるだろう。

 しかしよほどフレキシブルな会社でない限り、入社してしばらくはどれだけ努力をしても同期と比べて明確な評価の差はつきづらい。「上から評価されている」という話は周囲から伝わってきても、それが給与などに大きく反映されないことも多い。
 それは厚生労働省が発表している「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」の賃金分布の表を見ても明らかだ。20~24歳の年齢層の給与は、25.2%を占める「20~21万円台」を中心に「16~17万円台」「18~19万円台」「20~21万円台」「22~23万円台」という4つの連続した給与帯が10%以上という結果に。25~29歳でも、「20~21万円台」「22~23万円台」「24~25万円台」「26~27万円台」が二桁%となり、経験年数が増えるにつれてボリュームゾーンもまとめて上昇していることがわかる。

ターニングポイントは30代後半? あなたのキャリアアップは順調なのかのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスキャリアアップスキルアップ厚生労働省給与】の最新ニュースをいち早くお届けします。