テレワーク消滅の危機? テレワーク下で企業と社員の間に生まれる“ある問題”とは

国からの強い要請もありコロナ禍で多くの企業が導入したテレワークだが、その影響がジワジワと明らかになってきている。それは業務の効率の変動や会議・営業のやり方が変わったりといった目に見える部分だけでなく、従業員の内面的な問題も含まれている。
今回は、テレワークで変化を迎えた従業員のモチベーション等についてお伝えしていきたい。

テレワークは社員のモチベーションを上げる?下げる?

大きな環境の変化は、人の心にも多大な影響を与える

 総務専門誌「月刊総務」が2020年10月に全国の総務担当者を対象として実施したモチベーションに関する調査によると、実に94.5%の企業が「新型コロナウイルス感染症の流行以降、社員同士が対面で会う機会が減少した」と回答した。これはコロナ禍で会社への出社が制限されテレワークに移行した企業が多いことや、入社式や社員研修・歓送迎会といったこれまで対面で行われていた恒例行事が軒並みオンライン化したり中止・延期したことなどが影響している。オンラインで社員研修をした企業は52.2%と半数を超え、社員総会や内定式・入社式といった“密”になりやすい社内イベントも20%以上の企業がオンライン化し感染予防を図っていた。

 2019年までは様々な機会で顔を合わせていた社員とも会う機会が減り、82.6%の企業が「(社員の)モチベーションに影響がある」と感じていることが明らかに。その最たる例として「気軽なコミュニケーションが取りにくくなった」と実感しているという。やはり対面であればすれ違った際に何気なく話しかけられる仲であっても、テレワークなどで遠隔地にいる相手にチャットツールで雑談を持ち掛けるのはまだまだ敷居が高いようだ。

テレワーク消滅の危機? テレワーク下で企業と社員の間に生まれる“ある問題”とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWeb会議オンライン会議テレワークリモートワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。