ポチ袋は過去の遺産? 2021年は「キャッスレスお年玉元年」になるかもしれない。

政府の導入支援や、各サービスの趣向を凝らした大規模な還元キャンペーンで一躍市民権を得ていった「キャッスレス決済」。その普及の影響は思わぬところにまで出ているようだ。2021年の「お年玉」について調べた調査の結果、「お年玉のキャッシュレス化」をなんと半数以上の人が好意的に捉えていることが判明した。前年度の同様の調査に比べて大きく好意的な意見が増えていることも判明しており、2021年が「キャッスレスお年玉元年」になるかもしれない。
今回は、キャッシュレスでのお年玉が今年大きく実現に向けて動き出した要因と、お年玉のキャッシュレス化がもたらす効果について考えていく。

利便性の賛成派と伝統を守りたい反対派

2021年はお年玉の常識が変わるかもしれない

 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社の行った「キャッシュレスとお年玉」についての調査の結果、お年玉のキャッシュレス化に対し「とても良いと思う」と答えた人が10%、「まあ良いと思う」の回答が41%と、半数以上の人が賛成的な意見を持っていることが判明した。伝統的な行事であるお年玉の様子が、今年を契機に大きく様変わりするかもしれない可能性を示していると見ていいのかもしれない。
 賛成派の意見としては、「支払いが便利」や「現金や財布を持ち歩かなくていい」などの利便性が挙げられたほか、「ポイントが貯まる」というキャッスレスならではのメリットを受けられるという意見も挙げられた。逆に反対派としては「お金のありがたみ、価値がわからない」や「情緒がない」などのお年玉という伝統価値の重要性が多く挙げられた。そのほかにも「現金のほうが使いやすい」や「キャッシュレスは使いすぎが心配」という意見も挙げられ、日本には未だ現金主義が根強く存在していることが読み取れた。

ポチ袋は過去の遺産? 2021年は「キャッスレスお年玉元年」になるかもしれない。のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済お年玉キャッシュレスポチ袋】の最新ニュースをいち早くお届けします。