「Zoom」も「Google Meet」も解決不可能? テレワークの鍵・Web会議最大の弱点とは

新型コロナウイルスの流行により、一躍定着を見せた「テレワーク」という働き方。感染リスクの減少という主たる目的以外にも、通勤時間の減少や自宅にいながら仕事ができるという利便性から、多くのサラリーマンが導入に肯定的な意見を持っている。一方で、テレワークになることで従来にはなかった不平不満も発生しているようだ。
今回は、テレワークに対して日本人は対応できていたか、今後この働き方はニューノーマルとして定着していくのかについて迫っていく。

導入に問題なし。効率性も上がる!非の打ちどころはないのか

多くの日本人はテレワークを使いこなせているようだ

 ライムライト・ネットワークス社の行なった調査によると、「緊急事態宣言によるリモートワーク(テレワーク)への移行に際し、会社が用意したシステム環境は万全だったか」という質問に対して、日本人の約8割が「問題なかった」あるいは「問題があったが、すぐに対処された」と回答。多くの日本人がテレワークの導入にスムーズに対応できていたことが分かった。そのほかにも、「リモートワークの方が仕事の生産性は上がるか」という質問には、6割以上の日本人が生産性は上がると感じていることが分かった。
 多くの日本人が作業環境へ不満を感じることがなく、さらに仕事自体の効率も上がると感じていることからテレワークには利点が多く、新型コロナウイルスの流行が収まった社会においても継続して導入すべき働き方であるように読み取れる。

「Zoom」も「Google Meet」も解決不可能? テレワークの鍵・Web会議最大の弱点とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomテレワークビデオ会議在宅勤務通信の障害】の最新ニュースをいち早くお届けします。