新たなApple神話誕生か? Macが日本のテレワークのスタンダードになる日が近い

世界的ブランドであり、日本でもiPhoneなどが高い人気を誇っているApple製品。そんなAppleが、現在世界的に推奨されているテレワーク環境下で、セキュリティへの信頼感を武器にさらなる支持を獲得する気配を見せている。
今回は、アメリカから日本に伝播してくるかもしれない、Macデバイスの新たな躍進についてお伝えしていきたい。

「安全性が高いのはMac」と欧米企業の担当者も太鼓判

(Image:pio3 / Shutterstock.com)

世界各地にあるApple Storeは同社のファンの聖地でもある

 Appleといえば、その名の通りリンゴのロゴがついた各種デバイスが有名なデジタル製品メーカーだ。同社の発売するMacシリーズのPCや、日本のスマートフォン業界で断トツのシェアを誇るiPhoneなど、直感的でクリエイティブな機能を多数有していることでも知られている。

 アメリカのソフトウェア会社・Jamfが2020年夏に欧米企業のIT・情報セキュリティ担当者を対象に実施したアンケートによれば、テレワークの進む現代において、多くの企業が「今後12カ月間にMacの使用台数が増加する」と考えていることが明らかになった。その割合は現時点でMacをメインデバイスとして利用する企業のうちの74%、Mac以外をメインデバイスとして利用している企業でも65%が上述のように想定しているという。
 Macデバイスを増やす理由としては「高い安全性」が多く挙げられており、メインデバイスがMacであるかどうかに限らず半数以上が同様の回答をしている。これもMacのセキュリティに対する高い信頼度の表れと言ってもいいだろう。

新たなApple神話誕生か? Macが日本のテレワークのスタンダードになる日が近いのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleApple神話iPhoneMacテレワーク】の最新ニュースをいち早くお届けします。