Go To Eat(イート)で付与されたポイントの使用方法や有効期限、注意点など解説

2021年1月末を待たず、616億円の予算をすべて使い切って早期終了となった「Go To Eat(イート)」のポイント還元事業。慌てて予約した人やこれから貯まったポイントで食事に行く人も多いだろう。だが、飲食予約サイトによってはポイントの有効期限が短い場合もあるので注意が必要だ。そこで今回は、「Go To Eat」の飲食予約サイトのポイント付与タイミングを確認し、貯まったポイントの使い方や使うときの注意点などを解説しよう。

「Go To Eat」ポイントの有効期限を確認しよう!

 コロナ禍で打撃を受けた飲食店を救済するためにスタートした「Go To Eat(イート)」キャンペーン。だが、ポイント還元事業のほうは2021年1月末までの期限を待たず、616億円もの予算をすべて使い切ってしまった。このニュースを聞いて慌てて飲食予約サイトでお店を予約した人も多いのでは?
「Go To Eat」の基本については→こちらで確認してほしいが、「Go To Eat」のポイント還元事業は、利用したいお店ごとに対応する飲食予約サイトが異なるうえ、もらえるポイントの種類、ポイントの付与タイミング、ポイントの有効期限などもかなり異なるので非常に分かりにくい。そこで今回は、飲食予約サイトごとに異なるポイントについて情報をまとめてみた。これから、予約したお店に行く人やもらったポイントを使って食事するつもりの人は必見だぞ!

飲食予約サイトと利用できるお店のリスト。もらえるポイントの種類は基本的に「Go To Eat」専用ポイントとなっているが、大手予約サイトでは、通常予約で貯まる「来店ポイント」も別にもらえるようになっている。ただし、来店ポイントの利用期限は「Go To Eat」で付与されるポイントとは異なる点に注意したい

ポイント付与タイミングや有効期限に注意しよう

 まず、覚えておきたいのは「Go To Eat」対応飲食予約サイトのポイント付与タイミングは、ほとんどが7日~8日後であること。つまり食事をしてからポイントをゲットするまでに1週間以上のタイムラグがあるのだ。逆に「無限くら寿司」で有名になった「EPARK」のように、レシートで申請すると即時付与される場合もある。
 次に、もらったポイントの利用期限は基本的に2020年3月31日までとなっているが、「ぐるなび」「Yahoo!ロコ」「FTP(Favy・TORETA)」などは60日となっている。せっかくもらったポイントがムダにならないように早めに使い切ろう。また、大手飲食予約サイトでは「Go To Eat」でもらえるポイントとは別に、通常予約でも付与されるポイントがもらえる場合がある。たとえば、「食べログ」はTポイント、「ぐるなび」は楽天ポイントが付与される。

大手予約サイトのポイント付与日は7日~8日後が多く、「EPARK」の即時付与だけが異常に早いことがわかる。また、利用期限は2021年3月31日までだが、60日のところもあるので要注意!

Go To Eat(イート)で付与されたポイントの使用方法や有効期限、注意点など解説のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフEPARKGoToEatGoToキャンペーンYahoo!ロコぐるなびホットペッパーグルメ楽天ポイント食べログ】の最新ニュースをいち早くお届けします。