目指すは「Zoom映え」? Web会議の画面上で「見た目が悪い人」の映り方

Web会議での映り方を意識すれば評価アップ!?

Web会議歴が1年未満の人も多いはずだ

 しかし、もしかしたらあなたがWeb会議で印象を悪くしてしまっている可能性があると伝えたら驚いてしまうだろうか。そんなWeb会議で陥りやすい印象悪化してしまうパターンを3つご紹介する

【印象を変えてしまう3つのパターン】

1.照明
 自分の背中から光が入ってきていると、Web会議で映る自分の顔は非常に暗くなってしまい、顔色が悪そうな印象を与えてしまう。そうならないためには、太陽の光が入ってくる窓際を避けたり、壁を背にして後ろに照明が来ないようにしたり、あるいはスタンド式の小型照明をカメラの横に置いて撮影するのも良いだろう。

2.構図
 自分がカメラに映るときは、画面上で顔と身体が1:1の比率で映る「ルーズバスト」と呼ばれる構図を心がけると、相手にスマートな印象を与えて良いとされる。一方で参加人数が多く全員が小さな画面で映っているような場合は逆に、顔を少し大きく映るようカメラを近づけることで、自分の表情やうなずきといったリアクションが相手に伝わりやすくなる。

3.アングル
 ノートパソコンを使っている人に多く起こりがちなパターンなのだが、カメラが自分の目線より下にあると「上からのぞき込むような」映り方となってしまう。“上から目線”がどんな場面でも嫌がられるように、Web会議でも“上から”は極力避けるべきだろう。ノートパソコンの下に本などを重ねて、カメラが目線と同じ高さに来るように調節をしてから会議に参加してほしい。

 人は見た目が……というように、Web会議で印象をアップさせれば、自ずと評価も上がるはずだ。

目指すは「Zoom映え」? Web会議の画面上で「見た目が悪い人」の映り方のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomテレワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。