テレワークが暴いた「地味に仕事ができない人」の特徴3選

コロナ禍で大きく変わった就業スタイル。通勤というこれまで当たり前だったことができなくなり、テレワークという多くの企業にとって新たな体制に取り組むようになった戸惑いはみなさんもよく覚えていることだろう。就業スタイルが新しくなったということは、当然ながら評価の軸もこれまでと異なるようになってきた。
今回は、そんな新しい環境で評価軸が変わったことであぶりだされてきた“仕事ができない人”の特徴を3つお伝えしていきたい。

“こだわり”は行き過ぎると悪?

道具を選ぶ必要もないほど、クオリティの高い仕事をしたい

 まずテレワークで大きく変わったものといえば、“仕事をする場所”や“同僚とのコミュニケーションの取り方”といった部分だろう。これまで目立たなかった“仕事ができない人”も、そうした変化が引き金となって見えてきたのだった。

【テレワークで目立つ仕事ができない人の特徴】

1. 道具にこだわりすぎる

 テレワーク業務をする人の多くはPCで業務を行っていることだろう。当然、職場のPCでは様々なツールや周辺機器が自分用にカスタマイズされているはずだ。しかし突然「家のPCで仕事をして」と言われても、まったく同じ環境を整えるのは難しい。小さな使い勝手の差でいちいち「やりづらい…」とイライラしていると、仕事の進みが遅くなり「できない人」というレッテルを貼られてしまうという流れだ。
 職人は道具を大事にするというが、「弘法筆を選ばず」という言葉もある。これに心当たりのある人は、無いものねだりで効率を下げるより、あるものをうまく使っていく意識を持つように心がけよう。

テレワークが暴いた「地味に仕事ができない人」の特徴3選のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWeb会議テレワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。