auから月20GB・月額2,480円の「povo (ポヴォ)」が登場! 楽天モバイルもお終いか!?

すでに、ドコモが月20GB・月額2,980円の格安プラン「ahamo(アハモ)」を、ソフトバンクも同様のプラン「Softbank on LINE」を発表しているが、2021年1月13日に、auが月20GBで月額2,480円と、最安値の新料金プラン「povo (ポヴォ)」を発表した。そこで気になるのが新規参入したばかりの「楽天モバイル」だ。現在は1年間無料キャンペーンで加入者を徐々に増やしているが、古参組が露骨に激安プランを打ち出してきたことで、巷では“もはや楽天モバイル終了確定”と噂されているのだ……。

ようやく大手3社の格安新料金プランが出揃った!

 2020年12月3日、ケータイ最大手のドコモは新格安プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月に提供すると発表して、業界に衝撃が走った。驚きのプラン内容はデータ通信量20GB+1回5分間の無料通話セットで月額2,980円である。しかも、新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料は一切無料、2年の定期契約や解約金もない。「ahamo」については→こちらで詳細を確認してほしいが、これを受けてライバルのソフトバンクがさっそく動いた。
 2020年12月22日、ソフトバンクはグループ会社の格安SIM「LINEモバイル」を完全子会社化して、ソフトバンクのサブブランド「SoftBank on LINE」として「LINE がギガノーカウント」を提供すると発表した。この新プランは月20GB+1回5分以内通話無料に加え、LINEのデータ通信料なしで月額2,980円というのが最大の特徴である。
 そして2021年1月13日、auは満を持して新格安プラン「povo(ポヴォ)」を発表した。「povo」は月20GBで月額2,480円。1回5分の通話無料を500円のオプションとすることで最安値を実現しているのだ。

携帯キャリア4社の格安新料金プランを比較してみた。auの「povo」も1回5分無料通話分を含めると月額2,980円となるため、実質料金は横並び。こうやって比較すると、データ無制限で通話し放題、店舗でも加入できる楽天モバイルがやや有利にも見えるが……

(Image:ahamobile.jp)

ネットリテラシーの高い若者を狙ったドコモの「ahamo」。月20GBで月額2,980円は、従来の格安SIMより安いプランで、業界に大きなインパクトを与えた

(Image:softbank.jp)

傘下のLINEモバイルをサブキャリア化したソフトバンクは、LINEのデータ通信量無料という付加価値を与えたプランを発表。同グループのPayPayなどとのシナジー効果を打ち出していけば、今後シェアを伸ばす可能性も!

(Image:povo.au.com)

かなりドコモ「ahamo」を意識したと思われるauの「povo」。確かに若年層は電話利用が減っているので、1回5分かけ放題をオプションにして最安値を狙ったのは正解だろう

auから月20GB・月額2,480円の「povo (ポヴォ)」が登場! 楽天モバイルもお終いか!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoaupovoSoftBank on LINEソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。