auから月20GB・月額2,480円の「povo (ポヴォ)」が登場! 楽天モバイルもお終いか!?

200万人を突破した楽天モバイルの動向は?

 ドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」、auの「povo(ポヴォ)」はいずれも月20GB+1回5分かけ放題を含めると、月額2,980円と横並びの料金になっている。最近の若者はLINEなどで連絡を取ることが多く電話をあまりかけないので、1回5分かけ放題をオプションにして最安値を打ち出した「povo」はなかなかウマい戦略を取ったと思う。だが、サービス開始は2021年3月からなので、それまでに他キャリアも追随してくる可能性はある。
 そこで気になるのが「楽天モバイル」の動向だ。大手キャリアの月額料金が7,000~9,000円だった時に、データ通信量無制限で2,980円という衝撃プランを発表。しかも1年間無料&スマホ実質0円といったキャンペーンを打ち出して、2020年12月末時点でようやく200万回戦を突破したばかり。今後、300万人を突破して本格的に有料サービスがスタートしたとき、どれだけの人が楽天モバイルの残るかは不透明だ。ちなみに、楽天モバイルの採算分岐点は700万人だというから、筆者でなくても楽天モバイルの行く末がちょっと心配になってしまうだろう。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルは、300万人まで1年間無料キャンペーンを実施中。しかも、最大2万5,000ptポイントも還元され、スマホも実質0円で入手できる。「これでも加入しないのか!」と言わんばかりの盛大なサービスぶりである

楽天には10GB以下プランやiPhoneへの対応を期待!

 楽天モバイルは月額2,980円だが、アプリを利用することで通話料が無料でかけ放題(無制限)になるほか、データ通信量は20GBでなく無制限である。しかも、楽天モバイルは全国に200カ所以上ある店舗での契約も可能で、これらの点については他キャリアよりアドバンテージがあるように見える。だが、何しろ最後発の楽天モバイルだけに自社回線は貧弱で、現在はau回線を借りている状態。しかも、au回線エリアでは5GBまでしか使えない。そこで、楽天モバイルは基地局の整備計画を5年も前倒しして、2021年夏頃には人口カバー率96%を達成し、徐々にau回線のローミングエリアを減らしていく方針だという。
 とはいえ、2021年3月には大手3社が格安新プランをスタートさせるので、このタイミングで何かしら大きな動きを見せないと、現在の加入者すらつなぎ止めておけないだろう。そこで筆者が予想するのは、3GB~10GBで1,000円~1,500円といった低価格プランの発表だ。実際、筆者などはスマホで動画は一切見ないので、月3GBもあれば十分である。スマホの料金は安ければ安いほどいいという人も多いはずだ。あるいは、現在は販売していないiPhoneへの対応はどうだろうか? たとえば、第2世代iPhone SEやiPhone11あたりを格安でバラ撒けば、iPhoneユーザーが一気に飛びつくと思う。いずれにせよ、勝負は2021年3月以降である。

●au「povo」は→こちら
●ソフトバンク「SoftBank on LINE」は→こちら
●ドコモ「ahamo」は→こちら
●楽天モバイルは→こちら

(※2021/2/22 記事の一部を訂正いたしました)

※サムネイル画像(Image:povo.au.com)

文=すずきあきら/編集・ライター

auから月20GB・月額2,480円の「povo (ポヴォ)」が登場! 楽天モバイルもお終いか!?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidドコモソフトバンクau楽天モバイルahamoSoftBank on LINEpovo】の最新ニュースをいち早くお届けします。