パソコンが遅いならHDDを高速SSDに換装しよう!「EaseUS Todo Backup」の使い方

SSDに換装したら起動時間が1分以下に!

 Cドライブのコピーが終わったらパソコンの電源を一旦落とす。次に元のHDD(Cドライブ)を外してSSDと入れ替えよう。そして、パソコンの電源を入れるときにBIOS(パソコンの基本プラグラム)を呼び出し、Boot(OSが入っている)デバイスにSSDを指定すれば、Windowsが起動するようになる。
 ちなみに、筆者の場合はそれまで6分以上かかっていたパソコンの起動が、1分以下にまで短縮され、起動後の操作も実に快適になった。SSDの換装は少々面倒だが、わずか5,980円の投資と数時間の作業でここまで快適になるのだから是非チャレンジしてほしい。ただし、100%成功することが保証されているわけではないので、SSDに換装する前に大切なデータは必ずバックアップしておくこと。もちろん、SSDの換装はあくまでも自己責任で作業をお願いしたい。

パソコンの電源を一旦落としたら、元のCドライブのHDDを外し新しいSSDに電源とS-ATAケーブルをさそう

パソコンの電源を入れたらすぐに「Delete」か「F2」キーを押すとBIOSが起動する。BIOSの画面はパソコンごとに異なるが、今回は「Advanced BIOS Features」を選択(上写真)。次に「Boot Sequence」(中写真)。「1st Boot Device」でSSD(今回はPS-KIOXIA)を選択(下写真)。最後に「F10(Save and Exit)」を押すと設定が記憶され、Windowsが起動するはずだ

パソコンが遅いならHDDを高速SSDに換装しよう!「EaseUS Todo Backup」の使い方のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスEaseUS Todo BackupHDDSSDWindows 10パソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。