パソコンが遅いならHDDを高速SSDに換装しよう!「EaseUS Todo Backup」の使い方

480GBのSSDがフルに活用されていない問題を解決!

「EaseUS Todo Backup」を使ってHDDをSSDに換装したが、ひとつ困った問題が残っていた。それは、元々のCドライブが120GBだったため、せっかく480GBのSSDに換装したのに、Cドライブのパーテション120GBがそのまま丸ごとコピーされてしまっていることだ。つまり、480GBの内360GBも使われずにムダになっていたのである。もちろん、未割当て領域はフォーマットしてDドライブとして使ってもいいが、Cドライブが120GBしかないと近い将来、データが満杯になって再び動作が鈍くなってしまうかもしれない……。
 そこで、筆者は480GBのSSDをフルに活用するために、Cドライブのパーティションをイジって容量を拡張することにした。ここで使うのは「EaseUS Partition Master Free」という無料アプリ。「EaseUS Todo Backup Free」と同じ「EaseUS」の公式サイトで入手でき、入手方法やインストール方法もほぼ同じだ。この「EaseUS Partition Master Free」は、起動しているパソコンのSSDのパーティションをウィザード形式でイジれるので、誰でも簡単にCドライブを拡張することができるのである。

(Image:jp.easeus.com)

「EaseUS」の公式サイトを開き「EaseUS Partition Master Free」を入手しよう。入手方法やインストール方法は「EaseUS Todo Backup Free」とほぼ同じだ

335.35GBの未割当て領域をCドライブに割り当てる!

「EaseUS Partition Master Free」を起動したら、画面右の「サイズ調整/移動」をクリックする。実は、「Cドライブ」と「335.35GBの未割当て」を合体させるには、「Cドライブ」の横に「335.35GBの未割当て」を配置する必要がある。今回は2つの領域の間に「システム450MB」があったので、これを右に移動させて、「Cドライブ」と「335.35GBの未割当て」が隣り合うようにした。これで下準備はOKだ。
 次に、再度「サイズ調整/移動」をクリックして、「●」部分をつまんで右側にめいっぱい移動させよう。これで、パーティションサイズ(Cドライブの容量)をMAXまで拡張できるのだ。そして、画面右上の「2個の操作を実行する」を押せば作業が開始される。パソコンが再起動されて、黒い画面が表示されるが焦る必要はない。このまま作業が終わるまでは放置すればOKだ。

「EaseUS Partition Master Free」を起動したら、Cドライブを確認しよう。Wondows OS用は入っているCドライブは111.35GBしか使っておらず、残り335.35GBが未割当のままムダになっているではないか、もったいない! 画面右の「サイズ調整/移動」をクリックする

「Cドライブ」と「335.35GBの未割当て」を合体させるには、「Cドライブ」の横に「335.35GBの未割当て」を横にくっつける必要がある。上写真のように「システム450MB」が間にあると合体できないのだ。そこで「システム450MB」を右に移動させて、「Cドライブ」と「335.35GBの未割当て」が隣り合うように移動させて「OK」を押す

Cドライブを選択して画面右にある「サイズ調整/移動」をクリックしよう

「●」部分をつまんで右側にめいっぱい移動させると、パーティションサイズをMAXまで拡張できる。今回はシステムの450MBを除く446.69GBまで拡大してみた。画面下の「OK」を押す

画面右上の「2個の操作を実行する」を押す。これは、システム450MBの移動と、Cドライブの拡張の2つの作業を実行するという意味だ

作業内容の確認画面が表示される。内容が間違いないか確認して「適用」を押す。すると再起動を求められるので「はい」を押そう

このような黒い画面が表示されるので、終わるまで放置しよう。パソコンの性能や作業内容によって時間は大きく異なる

作業終了後にディスクの管理で確認してみよう。Cドライブがしっかり446.69GBに拡張されているのが確認できるはずだ

 いかがだろうか? せっかく480GBのSSDに換装したのに120GBしか使っていないのではもったいない。「EaseUS Partition Master Free」を使えば簡単に未割当て領域をCドライブと合体させて有効活用できるので、ぜひチャレンジしてもらいたい。これでしばらく筆者のパソコンも安泰であろう。なお、この作業も100%成功するわけではないので、作業は必ず自己責任でお願いしたい。

●EaseUS Todo Backup Free(公式)は→こちら
●EaseUS Partition Master Free(公式)は→こちら

(※2021/1/19 記事の一部を更新いたしました)

文=すずきあきら/編集・ライター

パソコンが遅いならHDDを高速SSDに換装しよう!「EaseUS Todo Backup」の使い方のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスEaseUS Todo BackupHDDSSDWindows 10パソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。