【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法! できないときの対処法も解説

Windows 10でフォント、フォントサイズを変更する方法をご存知だろうか。Windows 10ではシステムで利用されるフォントに大きな変更があった。これらを自分の好みのフォント、フォントサイズに設定する方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法【ClearType設定の場合】

 「Windows 10」でフォント、フォントサイズを変える方法に「Windows 10」の機能のひとつである「ClearType」設定を行う方法がある。「ClearType」設定は「Windows 10」に標準で搭載されている画面上でのフォントの見やすさを自動調整する機能だ。「ClearType」を使うことで利用中の「Windows 10」で最適なサイズ・設定のフォントを利用可能となる。
 はじめに「Windows 10」のフォントで悩んでいる方は、ソフトや「Windows 10」の重要設定項目であるレジストリを操作する前に「ClearType」設定を利用して安全な方法でフォント設定を変更・設定できないかを確認しておくのをおすすめする。

「Windows 10」の標準機能、「ClearType」でフォントを自動で変更・設定するにはコントロールパネルの「フォント」変更画面を利用する。「Windows 10」ではこの画面にマウス操作でたどり着くのは少々面倒なので、「ファイル名を指定して実行」を使って直接呼び出そう。はじめに、キーボードの「Windowsキー」と「Rキー」を同時押しして「ファイル名を指定して実行」を起動する。「ファイル名を指定して実行」を起動したら、名前の部分に「control fonts」と入力して「OK」をクリックする

一発で「Windows 10」のコントロールパネル内フォント設定が表示される。コントロールパネル内のフォント設定が表示されたら、画面左側の「ClearTypeテキストの調整」という項目をクリックする

「ClearTypeテキストチューナー」というウインドウが表示されるので「ClearTypeを有効にする」にチェックを入れて「次へ」をクリックする

「ClearType」設定ではWindows 10がフォントの調整や設定を変更したテキストを画面に表示していき、より見やすいフォントを選択していくことでフォントを自動的に変更・設定してくれる。画面に表示されたテキストを実際に目で見てより読みやすいテキストを選択して「次へ」をクリックする。これと同じ操作を画面表示に従って5回行おう

画面上での見やすい文字の選択が終わったらその結果に基づいて「Windows 10」が自動的にフォントを変更・設定してくれる。最後に「完了」をクリックして操作終了だ。なお「ClearType」を使った「Windows 10」のフォント自動設定は操作を行ったときのディスプレイに対してのみ対応している。そのため、ディスプレイを新しくしたり別のディスプレイを利用する際には再度、「ClearType」による「Windows 10」のフォント自動設定が必要となる

【Windows 10】フォント(サイズ)を変更する方法! できないときの対処法も解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスwindows10フォント】の最新ニュースをいち早くお届けします。