「ポイ活」2兆円規模! バカにできないポイント運用・投資で得た儲けに税金はかかるの?

急速に普及したスマホ決済アプリを利用すると、楽天ポイント、Pontaポイント、dポイント、Tポイントといったポイントがどんどん貯まっていく。その規模は航空会社のマイルなども換算すれば、すでに2兆円規模になっているという。最近は積極的にポイントを稼ぐ「ポイ活」も盛んになり、ポイントによる投資まで可能になってきた。そこで今回は気になる「ポイ活」の現状と、ポイント投資の方法や注意点などを解説しよう。

大手4社のポイント発行額だけで8000億円規模に!

 〇〇Payといったスマホ決済アプリの普及によって、ポイント市場は年々拡大している。買い物でもらえるポイントは元々“オマケ”的な意味合いが強く、古くはクレジットカードのポイントを商品に交換したり、次の支払いにポイントを充てるような使い方が主流であったが、最近は積極的にポイントを活用する“ポイ活”と呼ばれる動きも顕著になってきている。
 分かりやすい例では、楽天市場、楽天トラベル、楽天銀行、楽天カード、楽天モバイル、ラクマなど、あらゆるサービスを揃えている「楽天」だ。各サービスに共通の「楽天ポイント」を付与することで、“楽天経済圏”という囲い込み政策にポイントが活用されている。ほかにも、カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開する「Tポイント」は、TSUTAYAを中心にYahoo!JAPAN、ファミマなどで利用できる。また、ロイヤリティ マーケティングの「Pontaポイント」はリクルート、ローソン、auなどで利用可能。さらに、NTTドコモが主体の「dポイント」もマクドナルド、ローソン、ファミマ、カッパ寿司、すかいらーくなどと幅広く提携しているのだ。
 これら大手4社が年間発行するポイント総額は、ITmediaビジネスONLiNEの記事によると、楽天ポイントが3,200億円相当、Pontaポイントは2,000億円超相当、dポイントは1,500〜2,000億円規模、Tポイントは1,000億円超相当だそうだ。この4社だけでも8,000億円規模だが、中小のポイントや航空会社のマイレージを加えれば、すでに2兆円を超える規模。これはもはや“オマケ”とは言えない状況になっているのである。

■ポイント発行大手4社の年間発行額
楽天ポイント 3,200億円
Pontaポイント 2,000億円超
dポイント   1,500〜2,000億円規模
Tポイント   1,000億円(推定)
※「ITmediaビジネスONLiNE」より引用

(Image:rakuten.co.jp)

ポイント発行会社の最大手「楽天」では楽天市場を中心にあらゆるサービスが揃っており、筆者も楽天市場、楽天カード、楽天ペイ、楽天銀行、楽天証券などはよく利用している

「ポイ活」2兆円規模! バカにできないポイント運用・投資で得た儲けに税金はかかるの?のページです。オトナライフは、【マネーdポイントPontaポイントTポイント楽天ポイント】の最新ニュースをいち早くお届けします。