サブブランド対決!「Y!mobile」と「UQ mobile」新料金プランは結局どっちがお得?

大手キャリア3社が揃って月20GBで月額2,980円という驚きの低価格料金プランを発表した影響で、サブブランドの料金プランも見直されることになった。とくに、ソフトバンクの「Y!mobile(ワイモバイル)」とau(KDDI)の「UQ mobile(ユーキューモバイル)」は、昔から似たような料金プランになっているライバル関係にあるので、結局、新プランはどこが違うのかよく分からないという人も多いだろう。そこで、今回は「Y!mobile」と「UQ mobile」の新プランは何が違うのか? どっちがお得なのか解説しよう。

Y!mobileは家族割や固定回線割などを適用可能!

 ソフトバンクには「Y!mobile(ワイモバイル)」、au(KDDI)には「UQ mobile(ユーキューモバイル)」というサブブランドが用意されている。この2社は同じような料金プランなので何かと比較されがちだが、大手キャリアが月20GBで月額2,980円という格安新プランを発表した影響で、急遽2021年2月から適用される新プランに移行されることになった。
 まず、「Y!mobile」は旧ブラン「シンプル20」を改訂した「シンプルS/M/L」を発表。月3GBで月額1,980円、月10GBで月額2,980円、月20GBで月額3,780円という3つの料金プランがあるが、いずれも家族割か固定回線割適用で2台目以降が500円引きとなるのがポイント。しかも「ワイモバ学割」も併用可能だという。ただし通話料は別料金で、かけ放題プランは1回10分かけ放題の「だれとでも定額」が月額700円、無制限かけ放題の「スーパーだれとでも定額(S)」を月額1,700円で追加できる。もちろん、店頭での申し込みも可能で、ソフトバンクからの乗り換えは手数料無料となっている。

(Image:ymobile.jp)

ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。3GBや10GBのプランもあり家族割が適用可能で、日本全国にある店舗で加入手続きをすることもできる

2021年2月から、3GBで月額1,980円、10GBで月額2,980円、20GBで月額3,780円という3つのプランに移行する。家族割か固定回線割適用で2台目以降が500円引きとなるが、余ったデータの繰越はできない

(Image:ymobile.jp)

Y!mobileでは「家族割引サービス」か「おうち割 光セット」のどちらかが適用でき、2台目以降が500円割引きされるのがポイント。「ワイモバ学割」も併用できるそうだ

サブブランド対決!「Y!mobile」と「UQ mobile」新料金プランは結局どっちがお得?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidauiPhoneUQ MobileY!mobileサブブランドソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。