オンライン会議中にジャマされたくない、生活音を防止する画期的な機能とは

ワークスペースの確保には細心の注意を

Web会議をするときは気まずさを回避して万全の体制で臨みたい

 会議中は画面越しに資料をシェアしたり、会話に夢中になっていたりするため、PC以外の周囲の環境に気を配るのはなかなか難しい。ネットでよく見かけるテレワークあるあるの中には、実家での会議中に家族が見切れてしまったという笑い話もよくあるほどだ。仕事に集中しているとはいえ自宅という意識を持ち、会議の日程を事前に同居人や家族に共有しておくことも必要が必要だ、と言える一件かもしれない。

 最近は、企業の働き方改革を支援する「あしたのチーム」が12月23日~25日まで、会社に出社している方と在宅ワークの方それぞれ150名、計300名を対象に2021年のwithコロナの働き方と人事評価の調査を行った。「2021年はwithコロナで一般的にテレワークが定着すると思うか」という質問に対して、「定着しない」と回答した人の割合は40.7%。2020年7月に比べると14ポイントも増加していたという。
 Web会議がニューノーマルとして受け入れられつつある現在だが、遠隔での会議やコミュニケーションよりも対面を好む人が多いようだ。コロナ禍でなくとも、Web会議の場面は必ず出てくる。そんなときに、システム環境の改善を図るだけでなく、周囲の協力も仰ぎながら大事な会議に挑みたいものだ。

参照元:オンライン会議中の「不幸な事故」を未然に防ぐ神デバイスが発明される【TRILL】
参照元:「テレワーク定着しない」40.7% 2020年7月から14ポイント増…【あしたのチーム】

オンライン会議中にジャマされたくない、生活音を防止する画期的な機能とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスDiscordMicrosoft TeamsWeb会議Zoomテレワーカーテレワークビデオ会議在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。