格安SIM「mineo」が5GBで月額1,380円の新プランを発表! スマホ料金競争の大本命になる!?

ドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「Softbank on LINE」、auの「povo」など、大手キャリアが打ち出したネット専用の格安新料金プランの煽りで、窮地に立たされたのが「格安SIM」である。何しろ、大手キャリアより“割高SIM”になってしまったのだから、早急に手を打たないと根こそぎ顧客を奪われてしまう。そこで格安SIMの「mineo(マイネオ)」は、新プラン「マイピタ」を発表。とくに月5GBで月額1,380円は、2021年春のスマホ料金競争の大本命になるかもしれない。

「ahamo」の登場で窮地に立たされた格安SIM

 大手キャリア(MNO)のドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表すると、ソフトバンクやauもこれに追随。さらに、楽天モバイルは1GBまで無料、3GBまで月額980円、20GBまで月額1,980円、20GB以上で月額2,980円という段階制の新料金プランを発表したのは皆さんもご存じだろう。だが、これで窮地に立たされたのが格安SIM(MVNO)である。何しろ、大手キャリアが発表した格安新料金プランは、それまでの格安SIMより安いのだ。たとえば、格安SIM大手のOCNモバイルONEは「20GB/月コース」が月額4,400円、安いと評判のイオンモバイルでも「音声20GBプラン」が月額3,980円するのである。このままでは格安SIMは“割高SIM”になってしまう……。
 そこで、格安SIMの業界団体「テレコムサービス協会MVNO委員会」は、総務省にネット回線の卸料金の値下げを求める要望書を提出し、大手キャリアよりも安い料金プランで対抗しようとしている。この動きについては→こちらで確認してほしいが、早急に手を打たないと、格安SIMは根こそぎ大手キャリアに顧客を奪われかねない状況なのだ。

これまでは大手キャリアよりもかなりお得だった“格安SIM”だが、「ahamo」などの大手キャリアの格安新料金プランの登場で、逆に“割高SIM”になってしまう異常事態に陥った

格安SIM「mineo」が5GBで月額1,380円の新プランを発表! スマホ料金競争の大本命になる!?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidmineoマイピタ格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。