楽天ゴールドカード改悪! 残された3つの選択肢とは?

「楽天経済圏」なんて言葉が生まれるほど、あらゆるサービスを提供している「楽天」。少しでも効率的にポイントをもらうため、有料の「楽天ゴールドカード」を所持している人も多いだろう。だが、楽天は20214月からルールを変更し、楽天ゴールドカードを使って楽天市場で買い物をしても、無料のノーマルカードと同じ「+2倍」になってしまうのだ。このままでは有料の楽天ゴールドカードを持っていても意味がない! 今すぐ解約すべきか? それとも他に何かいい方法があるのだろうか?

4月から楽天ゴールドカードはどうなってしまうの?

(Image:rakuten-card.co.jp)

 楽天市場を中心に楽天銀行、楽天トラベル、楽天ひかり、楽天でんき、楽天モバイルなど、あらゆるサービスを提供する「楽天」。いずれのサービスでも、共通の楽天ポイントをもらったり使うことができるため「楽天経済圏」などと呼ばれている。とくに、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)によって、もらえるポイントの倍率が最大16倍になるため、すべてのサービスを楽天に集約している人も多いことだろう。
 楽天のSPUに関しては→こちらで確認してほしいが、その中心になるのが、年会費2,200円(税込)の「楽天ゴールドカード」である。楽天ゴールドカードにはさまざまな特典があるが、なかでも楽天市場で支払いをしたときにポイントが「+4倍」になるのが大きな魅力だ。ところが、2021年4月1日から実施されるサービス改定では楽天ゴールドカードで楽天市場で買い物をしても「+2倍」しか付かなくなり、無料のノーマルカードと同じになってしまう。そのため“もはや楽天ゴールドカードを所持する意味がない”とプチ炎上してしまったのである。

(Image:event.rakuten.co.jp)

楽天SPUでは最大16倍までポイントの倍率をアップできるが、その定番となっていたのが「楽天ゴールカード」と「楽天プレミアムカード」の楽天市場での支払いで「+4倍」という特典であった

(Image:rakuten-card.co.jp)

「+4倍」の内訳は「楽天カードで買い物をして1%」+「楽天市場で買い物をして1%」+「楽天ゴールドカードで2%」である。改定後は「楽天ゴールドカードで2%」が無くなり、ノーマルカードと同じ「+2倍」になってしまうのだ。トホホ……

楽天ゴールドカード改悪! 残された3つの選択肢とは?のページです。オトナライフは、【マネー改悪楽天楽天SPU楽天カード楽天ゴールドカード楽天ポイント楽天経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。