HISモバイル、ドコモのahamoに対抗した新プラン20GB+70分かけ放題で1,980円を発表!

ドコモの格安新料金プラン「ahamo」の発表以来、「楽天モバイル」が1GBまで無料の新プランを打ち出すなど、2021年春のスマホ料金プラン競争が激しさを増している。そんな中、2021年2月4日には格安SIMの「HISモバイル」から、月20GB+月70分かけ放題で月額1,980円の「格安弐拾(かくやすにじゅう)」プランが発表された。もしかすると、春のスマホ料金競争のダークホースになるかも!?

「HISモバイル」から「ahamo」より安いプランが登場!

(Image:his-mobile.com)

 2020年12月、ドコモから月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という驚きの格安新料金プラン「ahamo」が発表された。その後、ライバル各社はなりふり構わず値下げ合戦を繰り広げている。この辺りの事情は→こちらで確認してもらいたい。そんな中、2021年2月4日には大手旅行会社H.I.S系の格安SIM「HISモバイル」から、月20GB+月70分かけ放題で月額1,980円の「格安弐拾(かくやすにじゅう)」プランが発表された。
 このHISモバイルの「格安弐拾」プランはドコモ回線を利用した格安SIMで、「ahamo」を強く意識した内容となっている。まず、2021年2月10日のサービス開始時点でのデータ容量は月16GBだが、「ahamo」が3月26日にサービスインしたタイミングで月20GBに引き上げられる。また、「ahamo」が1回5分かけ放題なのに対し、1回の通話時間に制限のない月70分の無料通話(1,400円相当)を提供する。しかも、値段は「ahamo」より1,000円安い月額1,980円なのだ。これは春のスマホ料金競争のダークホースになるかも!?

(Image:his-mobile.com)

「格安弐拾」は「ahamo」を強く意識したプラン。データ容量は20GBとなっているが、「ahamo」が3月26日にサービスインするまでは月16GBである

(Image:his-mobile.com)

HISモバイルは、大手旅行会社H.I.Sと格安SIMの日本通信が2018年2月に立ち上げた合弁会社。「格安弐拾」のベースは日本通信の「合理的20GBプラン(今は16GB)」で、ほぼ同じ内容となっている

「格安弐拾」と「ahamo」を比較してみた。「ahamo」より月額で1,000円も安く、70分かけ放題超過後の電話料金やデータ容量の追加チャージも「ahamo」の半額に設定されている

HISモバイル、ドコモのahamoに対抗した新プラン20GB+70分かけ放題で1,980円を発表!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidHISHISモバイルiPhoneドコモ格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。