Clubhouse(クラブハウス)人気は一発屋じゃない? 急成長する音声メディアの共通点とは

近年、日本を含めた世界中で音声メディアが大きな盛り上がりを見せている。YouTubeやTikTokなどの動画メディアが隆盛を極めるなか、なぜ今音声のみのメディアの需要が高まっているのだろうか。トレンダーズが実施した「音声メディアに関する利用実態調査」のアンケート結果から、利用者が求めるコミュニケーションの形の変化や、今後の音声メディアの発展について考えていきたい。

日常的に音声メディアを利用する人が急増。最も利用が多いのは「radiko」

総務省の調査では2019年の国内スマートスピーカー所有率は15.5%だった

 トレンダーズが2020年2月1日に20~30代の男女526人を対象に行なった「音声メディアに関する利用実態調査」によると、31.6%の人が「何かしらの音声メディアを利用している」と回答していることが分かった。そのうち現在利用しているメディアで最も多かったのが、「radiko」で68.1%、次に「Spotify ポッドキャスト」で18.1%、「ポッドキャスト(AppleまたはGoogle)」(13.3%)と続く。さらに「なぜ音声メディアを使うのか」という問いに対しては、「他人の声や会話を聴くのが好きだから」(39.8%)が1位、2位は「時間を有効に使いたいから」(30.1%)、3位に「常に何か音声を聴いていたいから」(27.7%)という結果だった。

 日本で音声メディアの利用が増えてきたのは2018年頃から。その背景にはスマートスピーカーの普及もあると言われているが、視聴すると時間が取られてしまうテレビやYouTubeなどの映像メディアに比べ、「ながら」で気軽に利用することができるメディアへの需要が高まっていることも大きいだろう。通勤時間や家事時間、ランニングやゲームなどの趣味時間など、本来の行動を行いながらも音声のみであれば“ながら聞き”をすることができる。多く利用されているインターネットラジオ・radikoや音声配信サービス「ポッドキャスト」など、音声メディアはその隙間の時間に入りこみ、時間を有効に使いたいという欲求を満たしている。

Clubhouse(クラブハウス)人気は一発屋じゃない? 急成長する音声メディアの共通点とはのページです。オトナライフは、【SNSAppleClubhouseGooglePodcastradikoSpotify】の最新ニュースをいち早くお届けします。