Clubhouse(クラブハウス)人気は一発屋じゃない? 急成長する音声メディアの共通点とは

求められるコミュニケーションの形も変化してきている?

(Image:Boumen Japet / Shutterstock.com)

1月下旬から突如として話題となり爆発的な盛り上がりを見せている音声SNS「Clubhouse」

 さらに、2020年からの新型コロナウイルスの感染拡大が音声メディアの普及に大きな影響を及ぼした。人と会うことが難しくなり、家にいることが多くなったことが、音声メディアがさらに大きく利用者を延ばす結果となった。コミュニケーションへの渇望とともに、Zoomなどを利用したオンライン会議やオンライン飲み会が日常化したが、オンオフの切り替えが難しい映像メディアへの疲れも見えてきた。その結果、より緩く適度な距離感のコミュニケーションが求められるようになってきたと考えることもできそうだ。

 現在日本で音声SNS「Clubhouse」が急激に広がっている理由もそこにあるのかもしれない。先述の「なぜ音声メディアを使うのか」というアンケート結果を見る限り、Clubhouseは今のニーズにしっかりとマッチしていると言えるだろう。それゆえにどうやら一過性のブームでは終わらなさそうな気がするのだ。今後もClubhouseに限らず新たな音声SNSが増えていき、音声メディアの利用者はますます増えるかもしれない。

参照元:約3人に1人が音声メディアを日常的に利用/使ってみたい媒体にClubhouseも(トレンダーズ調査)【MarkeZine

※サムネイル画像(Image:Boumen Japet / Shutterstock.com

Clubhouse(クラブハウス)人気は一発屋じゃない? 急成長する音声メディアの共通点とはのページです。オトナライフは、【SNSAppleClubhouseGooglePodcastradikoSpotify】の最新ニュースをいち早くお届けします。