AirDrop(エアドロップ)はWindowsでも使える? データ転送できる?

iPhoneやiPadなどのApple製品に搭載されている「AirDrop」はWindowsでも利用できるのだろうか。「AirDrop」は非常に便利な機能のため、Windowsでも利用したいところだ。「AirDrop」とWindowsについて紹介しよう。

「AirDrop」はWindowsでも使える?データ転送できる?

 「AirDrop」を利用しているだろうか。iPhoneやiPadなどのApple製品を利用している方は「AirDrop」という機能を一度は耳にしたことがあるだろう。また、日頃から「AirDrop」を利用している方も多いはずだ。そこで気になるのが「AirDrop」はWindowsでも使えるのかという疑問だ。本記事ではWindowsでも「AirDrop」を使うことができるのか、Windowsで「AirDrop」のようなことをするにはどうすればよいのか解説する。

・そもそも「AirDrop」とは

 はじめに、「AirDrop」とはどのような機能なのか、「AirDrop」を使うと何ができるのかを確認しておこう。「AirDrop」はiPhoneやiPad、Macに搭載されているファイル共有機能である。「AirDrop」とは近距離にある「AirDrop」対応デバイス同士で写真や動画などのファイルを共有したり転送したりできる。
 また、写真や動画などのメディアファイル以外にもWebサイトのリンクやPC向けのファイルについても共有可能だ。
 「AirDrop」のファイルの共有・転送についてはファイルをやり取りするデバイス間のローカルネットワークで行われる。これにはWi-Fi・Bluetoothが利用されるが、近距離でその端末同士が直接接続されてファイルが共有・転送されるのでインターネット接続は不要であり、ネット接続できない環境やWi-Fi専用モデルのiPadなどでも利用することができる。

・現状はApple製品でしか使えない

 「AirDrop」は現状、Apple製品に搭載されているApple独自の機能だ。そのため、現在「AirDrop」はApple製品の対応デバイス同士でしか使うことができない。そのため、Windowsとのファイル共有・転送には「AirDrop」を利用することはできないのだ。
 なお、「AirDrop」に対応しているApple製品にはPCであるMacBookシリーズは含まれているので、iPhoneで撮影した写真や動画を「AirDrop」ですばやくMacへ転送したり、Macで編集したファイルをすばやく「AirDrop」でiPhoneに転送したりすることはできる。
 「AirDrop」は前述したように近距離にある端末同士が直接通信を行ってファイルを共有・転送するのでWi-Fiが無いような場所でもMacのファイルをiPhoneに入れることができるのだ。
 なお、「AirDrop」に対応した近距離にあるAppleデバイス同士でも「AirDrop」の設定によってはファイルを共有・転送できない場合がある。「AirDrop」は近距離にあるデバイスで「AirDrop」に対応していればどのデバイスにもファイルを共有・転送できるわけではなく、「AirDrop」の設定で「AirDrop」を有効にしたり、ファイルを転送できるデバイスを指定する設定を行ったりする必要があるのだ。
 デフォルト状態では、「AirDrop」でファイルを共有・転送できるのは同じAppleIDでログインされている(同じ人物のデバイスだとAppleから認識されている)近距離にある「AirDrop」対応端末のみとファイルの共有・転送が可能だ。そのため、そのままでは友人など他人の端末に「AirDrop」でファイルを共有・転送することはできないので注意してほしい。

AirDrop(エアドロップ)はWindowsでも使える? データ転送できる?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAirDropAppleiPhoneWindows 10】の最新ニュースをいち早くお届けします。