【Microsoft Teams】無料版と有料版の違いは? 無料でも利用できる?

Microsoft Teamsには無料版と有料版がある。Microsoft Teamsの検討を行う際に迷うポイントである。そこで本記事では、Microsoft Teamsの無料版と有料版の違いについて紹介する。無料版、有料版で悩んでいる方は参考にしてほしい。

Microsoft Teamsとは

(Image:microsoft.com)

 Microsoft Teamsには無料版と有料版があり、Microsoft Teamsの導入の際には無料版・有料版どちらのMicrosoft Teamsを導入するか悩んでしまうことが多い。そこで本記事では、Microsoft Teamsの無料版と有料版の違いについて紹介するので、Microsoft Teamsの無料版・有料版でお悩みの方はぜひ参考にしてほしい。
 はじめに、Microsoft Teamsとはどのようなツールであり何ができるのか、Microsoft Teamsとはどのようなサービスなのかを紹介するのでMicrosoft Teamsについて詳しくない方は参考にしてほしい。

・Office365で使えるビジネスチャットツール

 Microsoft Teamsは、Office365に付随しているOffice製品のひとつであり、主にビジネスチャットツールとしての利用が一般的だ。また、Microsoft Teamsはビジネスチャットツール機能以外にもオンライン会議や会議の共有機能など様々なビジネス関連のコミュニケーション機能が搭載されている。
 近年、ビジネス現場では必要不可欠なOffice製品をサブスクリプション契約のOffice365に切り替えている企業も多くあり、それと同時にMicrosoft Teamsの利用も増えてきている。また、自社がMicrosoft Teamsを利用していなくても他者の会議や商談に参加する場合に、Microsoft Teamsの機能を使ったオンライン会議に招待されるという場面も多い。
 そのため、ビジネスの機会損失を出さないためにもMicrosoft Teamsには予めMicrosoft Teamsを使える環境を作っておく事が望ましい。Microsoft Teamsには無料版と有料版があるので、自社の利用状況に合わせて、Microsoft Teamsの無料版と有料版を検討してみよう。本記事では、Microsoft Teamsの無料版と有料版でできることや使える機能の違いについて紹介するので参考にしてほしい。

【Microsoft Teams】無料版と有料版の違いは? 無料でも利用できる?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftMicrosoft TeamsWeb会議テレワークビデオ会議在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。