パソコンにCドライブしかない! HDDのパーティションを分割してDドライブを作る方法

パソコンのハードディスク(HDD)がCドライブしかない人は要注意! 万一のトラブルでOSを再インストールすることになった場合、写真や文書ファイルなど、大切なデータがすべて消えてしまうからだ。もし、HDDの容量に余裕があるなら、Cドライブをパーティション分割してデータ保存用Dドライブを作成しておくのが賢明だろう。そこで今回は、「EaseUS Partition Master Free」という無料アプリを使って、Cドライブを簡単に分割する方法を紹介しよう。

HDDはOS用とデータ保存用に分けておこう!

 アナタは自分のパソコンのハードディスク(以下HDD)が、どうなっているか確認したことがあるだろうか? もし、光学ドライブを除いてCドライブしか存在しない場合は、パーティション分割してデータ保存用のDドライブを作成しておくことをオススメする。HDDをCドライブ(OS用)とDドライブ(データ保存用)に分割したほうがいい理由はいくつかあるが、まず、写真や文章といった作業&保存用データは、OSやアプリなどのシステムと分けておいたほうが作業効率がいいから。また、万一のトラブルでOSを再インストールしなければならないときは、Cドライブの全データが失われてしまうことになるからだ。パソコンに詳しい人なら対処できるだろうが、そうでない人は事前に準備しておいたほうがいいだろう。
 なお、今回のパーティション分割はCドライブのHDD容量が1TB以上で、300~500GB以上の空き容量があるのが前提となる。もし、HDDの空き容量が少ないのに分割してしまうと、将来Cドライブの空き容量が少なくなって動作が鈍くなる可能性もあるのでオススメできない。

パソコンのHDDの容量が1TB以上あり、なおかつ空き容量が300~500GB以上あるのに、Cドライブ(OS用)しかないときは、パーティション分割してデータ保存用のDドライブを作成したほうがよい

「EaseUS Partition Master」なら簡単に分割できる

 Windows 10ではOSの標準機能でHDDのパーティション分割することもできるが、パソコン初心者にはGUIで簡単に操作できる「EaseUS Partition Master」というフリーソフトを使うのがオススメだ。「EaseUS Partition Master」には有料版も用意されているが、今回のようにパーティション分割をするだけなら無料版で十分。「EaseUS Partition Master」をダンロード&インストールの際は「無料版」を選択するようにしよう。

「EaseUS Partition Master」の公式サイトで「無料ダウンロード」を選択(上写真)。メルアドを入力して「Todo Backup Free」をクリック(下写真)

無料版の「ダウンロード」をクリック。ダウンロードが終わったら「フォルダを開く」を選択(上写真)。入手した「tb_free_installer.exe」をダブルクリックして(下左写真)、「無料版インストール」を選び画面に従ってインストールしよう(下右写真)

パソコンにCドライブしかない! HDDのパーティションを分割してDドライブを作る方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCドライブパーティションパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。