【最新版】「LINEMO」「ahamo」「povo」「楽天モバイル」結局どこがいちばんお得なの?

2021年2月18日、ソフトバンクは月20GBで月額2,480円の「LINEMO(ラインモ)」を3月17日から提供すると発表した。そこで今回はソフトバンクの「LINEMO」をはじめ、ドコモの「ahamo(アハモ)」、auの「povo(ポヴォ)」、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」といった4大キャリアの格安新料金プランを比較し、どこがいちばんお得なのか検証してみる。

これまでの4大キャリアの料金競争をおさらいしよう!

 まず、2020年12月3日、ドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という驚愕の格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表。この動きに即対応したのがソフトバンクだった。2020年12月22日には、月20GB+1回5分かけ放題に加え、LINEのデータ通信料なしで月額2,980円という「SoftBank on LINE」を発表する。その後、2021年1月13日には、au(KDDI)が月20GBで月額2,480円の「povo(ポヴォ)」を発表。1回5分かけ放題は500円のオプションとして最安値を実現した。これで窮地に立たされたのが最後発の楽天モバイルだった。楽天モバイルは、2021年1月29日に、急遽、段階制新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表。1GB未満なら0円、20GBでも月額1,980円という掟破りの内容となったのである。
 だが、4大キャリアのスマホ料金プラン競争はこれで終わりではなかった。ソフトバンクは2021年2月18日、正式に「LINEMO(ラインモ)」を発表。「povo」同様、かけ放題は月額500円のオプションとし、月20GBで月額2,480円としたのだ。

(Image:linemo.jp)

2021年3月17日からスタートする「LINEMO」は、月額500円の1回5分かけ放題をオプションとし、月20GBで月額2,480円とした。また、LINEのデータ通信量は月20GBにカウントされないので、LINE同士の通話(トーク)ならかけ放題となる

(Image:povo.au.com)

月額500円の1回5分かけ放題をトッピングとし、月20GBで月額2,480円の最安値を実現した「povo」。200円で24時間データ使い放題や、データ追加1GBで500円といったトッピングも用意されている

(Image:ahamo.com)

「ahamo」は1回5分かけ放題込み+月20GBで月額2,980円となっているが、2021年2月5日時点ですでに100万件の申し込みがあったそうだ。「みんなドコモ割」は対象外だが回線数にはカウントされるなど、ドコモユーザーに配慮している

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

1GBまでタダという段階制料金プランになった「楽天モバイル」。20GBまでは他キャリアより1,000円安い月額1,980円、無制限でも月額2,980円と圧倒的な安さである。新プラン発表後は申込者数がすぐに250万人を突破した

【最新版】「LINEMO」「ahamo」「povo」「楽天モバイル」結局どこがいちばんお得なの?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoauLINEMOpovoRakuten UN-LIMIT VIソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。