【楽天モバイル】開通作業をちゃんとやらないと2万5,000ポイントがもらえない罠があった!

1GBまで0円、20GBでも1,980円と掟破りの激安プランを打ち出した「楽天モバイル」。先着300万人が1年間無料になるうえ、今なら最大2万5,000ポイントも還元されるキャンペーンの効果もあって加入者が急増! 残りは50万人以下となっている。そこで筆者も今さらながら楽天モバイルに申し込んでみたが、条件をしっかりクリアしないと2万5,000ポイントをもらい損ねてしまうこともあるのだ! そこで今回は、楽天モバイルの初期設定方法と、条件をクリアして確実に2万5,000ポイントをもらう方法を紹介しよう。

スマホにSIMをさせば即電話&ネット接続可能!

 正直言って筆者は「楽天モバイル」に申し込む気はまったくなかった。だが、さすがに「1年間無料でスマホと同時購入なら2万5,000ポイントも還元」され、2年目以降も「月1GB以下運用ならタダで維持できる」のであれば、サブスマホとして申し込んでもいいか、という気になった。楽天モバイルの申し込み方法については→こちらで確認してほしいが、注意したいのは“2万5,000ポイント還元を受けるには条件がある”ということ。スマホの設定後、確実に条件をクリアしておかないと、2万5,000ポイントをもらいそびれてしまうのだ!
 今回筆者が購入したスマホは「OPPO A73」という中国製の高コスパモデル。実は筆者は自分の所有するスマホを使うつもりだが、楽天回線対応機種の一覧にはない機種だったので「OPPO A73」で開通作業を行い、そのあとすぐに売却するつもりだ。それにしても、楽天モバイルに申し込んでから2日後にはスマホとSIMカードが届いたのは少しビックリ。Amazon並みのスピード対応だ。ちなみに、スマホと一緒に送られてきたSIMカードはマルチSIM仕様なので、「microSIM」でも「nanoSIM」で対応できる。
 さっそくスマホにSIMカードをセットし、Googleの初期設定などを済ませると、あっけなく電話もネットもつながった。他キャリアのスマホだと自分で面倒なAPN設定などをする必要があったりするが、この辺は楽天モバイルの純正スマホのいいところ。初心者も、スマホとSIMのセットで購入したほうが設定作業が楽にできるだろう。

最近のSIMカードは「標準」「micro」「nano」のすべてに対応するマルチタイプになっている。楽天モバイルの申し込みでは「nanoSIM」となっているが、実際にはどんなスマホでも対応できる

「OPPO A73」は付属のピンでSIMスロットを引き出すタイプ。nanoSIMと一緒にmicroSDカードをセットして押し込めばすぐに使えるようになる

「OPPO A73」の電源を入れると、最初に「言語選択」画面が表示されるので「日本語」を選択(左写真)。次に「Wi-Fi」接続が要求されるので、自宅のWi-Fiを選んでパスワードを入力しよう(右写真)。パスワードはWi-Fiルーターの本体に書いてあるはずだ

AndroidスマホユーザーならGoogleアカウントによって、アプリやデータを引き継ぐことができる。普段使っているGoogleアカウントとパスワードを入力して設定を済ませよう。もちろん、iPhoneユーザーはiCloudなどからデータを引き継げる

ホーム画面が表示されると画面上部「4G VoLTE」と表示されているはずだ。初回はネット接続の確認のために「設定」を押そう(左写真)。続いて「SIMカードおよびモバイルデータ」をタップする(右写真)。なお、Androidスマホは機種ごとで設定画面が多少異なるのでご容赦願いたい

「SIM情報と設定」ではSIMカードが楽天モバイルであることを確認できた。続いて「アクセスポイント名」を開こう(左写真)。APN(アクセスポイント)設定が自動的に「楽天」に設定されているのが確認できる(右上写真)。楽天モバイル以外のスマホはAPN設定を自分で入力しないとダメな場合もある(右下写真)

【楽天モバイル】開通作業をちゃんとやらないと2万5,000ポイントがもらえない罠があった!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。