【楽天モバイル】開通作業をちゃんとやらないと2万5,000ポイントがもらえない罠があった!

「My楽天モバイル」で利用状況を確認できる

「Rakuten Link」で電話やSMSを利用して、楽天モバイルのキャンペーン条件をクリアしたら、次に「my楽天モバイル」アプリも確認しておきたい。「my楽天モバイル」は自分の契約内容やスマホの利用状況などを確認できるアプリだ。楽天モバイルの純正スマホならトップ画面に置いてあるので起動してみよう。初回はアプリをアップデートしたり楽天のIDとパスワードでログインする必要があるが、今後、楽天モバイルを利用するうえで必須のアプリなので一度はログインしておきたい。ちなみに、「my楽天モバイル」アプリの「利用状況」から直近の利用状況を確認できるので、「Rakuten Link」での通話やSMSがキャンペーンの条件をクリアしているか確認することも可能である。
 なお、開通作業を済ませてスマホを売却する場合は、「設定」→「その他の設定」→「バックアップとリセット」→「すべてのデータを消去(出荷時にリセット)」で初期状態に戻すことができる。こちらも、Androidスマホごとに設定の詳細が異なることはご容赦願いたい。

楽天の純正スマホならホーム画面に「my楽天モバイル」アプリがあるので、これをタップする(左写真)。次に「RAKUTENIDでログイン」を押す(右写真)

こちらも楽天のIDとパスワードでログインできる(左写真)。ホーム画面下で「契約プラン」を選択すると自分の電話番号やプラン・サービスの設定、キャリア決済の設定などを確認できる(右写真)

画面下のメニューで「利用状況」を選択すると「直近のご利用内訳」を確認できる(左写真)。下にスクロールして「通話」→「楽天LINK(国内)」と(右上写真)、「SMS」→「楽天LINK(国内)」をタップすれば(右下写真)、条件をクリアできているか確認可能だ

スマホを売却する前に工場出荷状態に戻そう。「設定」→「その他の設定」を押す(左上写真)。続いて「バックアップとリセット」を選択(左下写真)。「すべてのデータを消去(出荷時にリセット)」をタップすれば、スマホを初期状態に戻せる

 いかがだろうか? 楽天モバイルのキャンペーンで2万5,000ptを確実にゲットする方法はお分かりいただけたと思う。実はその後、懸念していたとおり筆者のスマホ(ZenFone)は楽天モバイル回線に非対応であることが分かった。もし、開通作業や「Rakuten Link」での通話やSMS送信ができないと2万5,000ptはもらえないので、やはり、事前に「楽天回線対応製品」のリストで自分のスマホが対応しているか確認しておいたほうが良いだろう。というわけで、結局、筆者は「OPPO A73」を売却するのはやめ、しばらくそのまま使用することにした。キャンペーン特典の2万5,000ptが付与されたら「OPPO A73」を売却して、もらったポイントで別のスマホを購入するつもりある。

●楽天モバイル「Rakuten Linkご利用の達成条件について」(公式)は→こちら
●楽天モバイル「楽天回線対応製品」(公式)は→こちら

(※2021/2/24 記事の一部を更新いたしました)

【楽天モバイル】開通作業をちゃんとやらないと2万5,000ポイントがもらえない罠があった!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。