これぞ大本命! 格安SIMの最大手「IIJmio」が月2GBで月額780円の新スマホ料金プランを発表

ドコモの「ahamo(アハモ)」、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」、auの「povo(ポヴォ)」など、大手キャリアが打ち出したネット専用の格安新料金プランの煽りをモロに受けたのが「格安SIM」である。何しろ大手キャリアより“割高SIM”になってしまったのだ。そこで格安SIM最大手の「IIJmio」は、2021年2月24日に新料金プラン「ギガプラン」を4月から提供すると発表。とくに月2GBで月額780円は、2021年春のスマホ料金競争の大本命になるかもしれない。

IIJmioは月20GBプランが大手キャリアより600円も安い!

(Image:iijmio.jp)

 大手キャリアのドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という格安新料金プラン「ahamo」を発表すると、ソフトバンクやauはかけ放題をオプションとして月額2,480円という新料金プランで対抗したのは皆さんもご存じだろう。このあたりの事情は→こちらで詳しく解説している。だが、これで窮地に立たされたのが格安SIMである。何しろ、大手キャリアが発表したネット専用新料金プランは、従来の格安SIMより安かったのだ。このままでは格安SIMは“割高SIM”になってしまう……。
 そんな中、2021年2月24日には格安SIMの最大手IIJ(インターネットイニシアティブ)が、「IIJmio(アイアイジェイミオ)」の新料金プラン「ギガプラン」を2021年4月1日より提供すると発表した。IIJmio「ギガプラン」の音声SIMは、2GBで月額780円、4GBで月額980円、8GBで月額1,380円、15GBで月額1,680円、20GBで月額1,880円となっており、20GBプランで比較すると月額2,480円のソフトバンク「LINEMO」やau「povo」よりも月600円安くなっている。また、あまりネットを使わない人向けの2GBプランが月額780円と激安なのにも注目! すでに値下げした「mineo」でも1GBプランが月額1,180円なので、IIJmioのほうが1GB多くて月400円も安いのだ。これは、今のところ2021年春のスマホ料金競争の大本命と言っていいだろう。なお、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」は20GBまでで月額1,980円だが、電話は半額アプリによる完全かけ放題料金も含まれている。

IIJmioの音声通話可能なプランでは2GBで月額780円、20GBで月額1,880円というプランが目を引く。かけ放題は半額通話アプリ「みおふぉんダイヤル」の1回10分かけ放題で月額830円、1回3分かけ放題が月額600円で利用できる

mineo「マイピタ」と比較してみた。データ量を微妙にズラしてはいるが、IIJmio「ギガプラン」の圧勝である。とくにIIJmioの4GBはmineoの1GBよりも安い980円、mineoの5GBとIIJmioの8GBが同じ1,380円、mineoの10GBよりIIJmioの15GBのほうが100円安い1,680円なのは驚きだろう

これぞ大本命! 格安SIMの最大手「IIJmio」が月2GBで月額780円の新スマホ料金プランを発表のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidIIJmioスマホ割高SIM格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。