ドコモ「ahamo」が中途半端な値下げ「1回5分かけ放題プラン込み」は若者に支持されるのか?

2021年3月1日、ドコモは格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を月額2,980円から月額2,700円と微妙に値下げすると発表した。auの「povo(ポヴォ)」やソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」は、すでに1回5分かけ放題をオプションとして月額2,480円を実現しているが、「ahamo」は1回5分かけ放題を分離できないという不可解な料金プランのままとなっている。果たしてこれが、デジタルネイティブな若者に支持されるのだろうか?

280円の微妙な値下げでも「かけ放題」は分離せず!

(Image:ahamo.com)

 2020年12月3日、ドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。これに対しau(KDDI)は1回5分かけ放題は500円のオプションとした月20GBで月額2,480円の「povo(ポヴォ)」を発表して対抗。のちにソフトバンクもこれに追随し、1回5分かけ放題をオプションとする「LINEMO(ラインモ)」を発表している。当然、ドコモもこれらに対抗して1回5分かけ放題を別料金としたうえで値下げすると期待されていた。
 ところが、2021年3月1日に発表された「ahamo」の値下げは、1回5分かけ放題を含んだままで月額2,980円を月額2,700円(税込2,980円)にするというものだった。そもそも「ahamo」はデジタルネイティブな若者向けプランではなかったか? 今の若者は電話はあまりかけず、主にLINEなどのSNSでコミュニケーションをとることが多いだけに、1回5分かけ放題を分離できないドコモの値下げにはやや疑問が残る。たとえば、ソフトバンクの「LINEMO」は、1回5分かけ放題は分離されているし、LINE利用時のデータ量がカウントされないので、LINEユーザー同士ならLINE電話でかけ放題となっている。筆者からすればこちらのほうが断然デジタルネイティブに寄り添ったプランに思えるのだ。

(Image:ahamo.com)

「ahamo」は月20GBで月額2,700円(税込2,970円)。1回5分かけ放題を分離することはできない。確かにかけ放題込では他キャリアより安くなるのだが……

ドコモ「ahamo」が中途半端な値下げ「1回5分かけ放題プラン込み」は若者に支持されるのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoAndroidiPhoneNTTドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。