初期状態のまま使ってない? Googleアカウントのアイコンや表示名を変更する方法

アナタのGoogleアカウントのアイコンは、どんな表示になっているだろうか? 最近はカレンダーを共有したり、スプレッドシートを閲覧・編集したり、ビデオ会議をしたり……、多くの人とGoogleアカウントでつながると、Googleアカウントのアイコンはアナタの“顔”になる。初期状態のままだと、イニシャルの一部だけがアイコン化され、パッと見どこの誰なのか認証する人が困ってしまうパターンも少なくない。そこで、今回はGoogleアカウントのアイコンを変更する方法を紹介しよう。

イニシャル表示や趣味全開アイコンはNG!

「Google」はWebサイトの検索エンジンにとどまらず、メールやカレンダー、マップにオンラインストレージなど、さまざまなサービスを展開しており、今やパソコンやスマホでは欠かせないサービスとなっている。もちろん、Googleはネットに接続されたパソコンやスマホからでもカレンダーやメールを確認できるので、ビジネスシーンでも重宝されているだろう。会社によっては個人のGoogleアカウントの使用を禁止にしているところもあるだろうが、制限されていない場合はつい仕事のときでも個人アカウントを使っている人も多いのでは?
 そこで、気をつけたいのがGoogleアカウントのアイコン表示だ。初期状態のままだと登録している名前の一部のみが表示され、初見ではいった誰なのか相手には分かりづらい。また、アニメやゲームの萌キャラなど、趣味全開のアイコンを仕事相手に見られるのも少し恥ずかしい……。やはり、Googleアカウントでつながる相手のことを考えたアイコンに変更しおくほうがよいだろう。

初期状態のアイコン表示がこちら。これでは、初めてつながった相手には、どこの誰なのかまったく分からないだろう

初期状態のまま使ってない? Googleアカウントのアイコンや表示名を変更する方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle】の最新ニュースをいち早くお届けします。