1円玉500枚が0円に!! 大量の小銭を銀行に預けると手数料を取られるの知ってた?

アナタは銀行に大量の小銭を持ち込むと手数料を取られるのをご存じだろうか? たとえば、1円玉だけ500枚を銀行の窓口で預金しようとすると、500円以上の手数料を取られて預金額が0円となってしまう場合があるのだ! そこで今回は、今、銀行における小銭の扱いがどうなっているか解説する。貯金箱で貯めた小銭をうかつに銀行に持ち込むと、とんでもないことになるかも!

大量の小銭を銀行に預けると手数料を取られる!

 日本でも、ここ数年で一気にキャッシュレス決済が普及してきたが、今でも現金払い派だという人もいるだろう。もしかすると、毎日コンビニでもらったおつりを貯金箱に貯めていたりするかもしれないが、そんな人は要注意! 実は今、大量の小銭を銀行に持ち込むと、手数料を取られてしまうのをご存じだろうか? 2019年7月にりそな銀行、2019年12月に三井住友銀行、2020年4月には三菱UFJ銀行やみずほ銀行でも、大量の小銭を預けると手数料を取られるようなっているのだ。
 この大量の硬貨を扱う「硬貨取扱手数料」は金融機関ごとで異なるが、みずほ銀行では100枚までは無料。500枚までは550円、1,000枚までは1,320円、1,001枚超は1,980円(以降500枚ごとに660円を加算)の手数料を取られるのである。硬貨取扱手数料では、1円玉でも500円玉でも1枚とカウントされるため、もし1円玉だけ500枚をみずほ銀行に預けようとすると、手数料が550円取られるため、預金額は0円となってしまうのだ。そんなバカな!

こちらが3大メガバンクの窓口での「硬貨取扱手数料」。三井住友銀行以外は100枚まで無料。それ以上の硬貨は手数料を取られることになっている。「硬貨取扱手数料」は地方銀行でも導入されているので調べてみよう

1円玉500枚が0円に!! 大量の小銭を銀行に預けると手数料を取られるの知ってた?のページです。オトナライフは、【マネー硬貨貨幣銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。