【徹底比較】ファイル転送サービス、GigaFile便、FileMail、firestorage、sDropを解説!

ビジネス上の資料をメールで送るときに気を付けたいのがファイル容量だ。プロバイダごとに添付できる容量は異なるが、一般的には3MBまでと言われているので、それ以上の大容量データを送りたいときは「ファイル転送サービス」を使うことになる。そこで今回は、ビジネスでも安心して使えるファイル転送サービスを4つピックアップして徹底比較してみたぞ!

そもそも「ファイル転送サービス」って何?

 アナタはメールに添付するデータ容量を気にしたことがあるだろうか? たとえば、Wordで作成した文書やExcelで作った見積もりのデータ容量はせいぜい数十KBと軽いので、メールに添付しても問題ない。だが、画像やイラストなどを多用したPowerPointやPDFになると、データ容量は数十MBになる場合もある。プロバイダによっては3MB以上のデータを添付することができないこともあるので、一般的に3MBを超える大容量データは「ファイル転送サービス」を利用することになる。でも、いったいどんな「ファイル転送サービス」を利用すればいいのだろうか? そこで今回は、ビジネスでも使える4つの無料ファイル転送サービスを比較してみたいと思う。

ファイル転送サービスはWebブラウザ上での操作となる。ファイルをウインドウにドラッグ&ドロップしてアップロード。このとき生成されたURLリンクをメールで送れば、相手はデータをダウンロードできる

【徹底比較】ファイル転送サービス、GigaFile便、FileMail、firestorage、sDropを解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスFileMailfirestoragesDropギガファイル便クラウドストレージファイル転送】の最新ニュースをいち早くお届けします。