PayPayなどのスマホ決済では必須!! 本人確認システム「eKYC」っていったい何だ?

ネット銀行口座の開設や、PayPayなどのスマホ決済サービスで銀行口座を紐付けるとき、最近は本人確認「eKYC」を求められることが多くなってきた。「eKYC」によってスマホで短時間かつ安全に本人確認ができるが、いったい「eKYC」とは何であろうか? 今までの本人確認と何が違うのだろうか? おそらく、今後「eKYC」は標準的な本人確認システムとして定着するとみられているので、今のうちから「eKYC」についてしっかり勉強しておこう!

スマホで簡単に本人確認ができる「eKYC」とは?

 2020年9月、ドコモの「d払い」で大規模な不正利用が発覚したのは記憶に新しい。これは「ドコモ口座」がメールアドレスを登録するだけで作れたため、ハッカーが不正入手した銀行口座情報を紐付けて、勝手にお金をチャージしたという事件であった。この事件では、スマホ決済サービスの本人確認の甘さが問題となり、しばらく、スマホ決済のチャージに銀行口座を登録することができなくなっていた。
 だが、2021年2月頃からPayPayやd払いなどが銀行口座の紐付けを再開している。それを可能にしているのが本人確認システム「eKYC(イー・ケー・ワイ・シー)」だ。「eKYC」は「electronic Know Your Customer」の略。「KYC」は“本人確認”という意味で「e」は“electronic”の略である。つまり「eKYC」とは電子的に本人確認を行うことなのだ。「eKYC」を使えばネット上の決済や口座開設などで必要になる本人確認手続きを、スマホだけで短時間かつ安全に行えるのである。

(Image:paypay.ne.jp)

こちらはPayPayの本人確認「eKYC」手続き時のイメージ図。身分証明書を斜めに撮影したり、本人が身分証明書を手に持って顔写真を撮影することで、本人であることをより確実に認証できる

(Image:service.smt.docomo.ne.jp)

こちらはドコモ「d払い」の本人確認「eKYC」の方法。インターフェイスは多少違うが、やはり手に身分証明書を持って、スマホで自撮りすることになる

PayPayなどのスマホ決済では必須!! 本人確認システム「eKYC」っていったい何だ?のページです。オトナライフは、【マネーeKYCNTTドコモPayPayスマホスマホ決済本人確認システム】の最新ニュースをいち早くお届けします。