【Windows 10】Cortanaを削除、無効にする方法を解説!

Windows 10でCortanaを削除・無効にする方法をご存知だろうか。Windows 10に搭載されているCortanaは多くの方にとっては不要な機能だ。そこで本記事では、Windows 10のCortanaを削除・無効にする方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

【Windows 10】Cortanaを無効にする方法【レジストリで停止する場合】

(Image:ymgerman / Shutterstock.com)

 Windows 10に搭載されているCortanaは標準機能では削除したり無効にしたりすることはできない。だが、Windows 10のシステムの中核であるレジストリを編集することでCortanaを削除・無効にする事が可能だ。本項目ではWindows 10のレジストリを編集してCortanaを削除・無効にする方法を紹介する。
 Windows 10のレジストリではCortanaはWindows Searchというサービスで登録されている。そのため、Windows Searchのレジストリ値を編集することで、Windows 10におけるCortanaを無効、事実上の削除を行うことができるのだ。
 なお、今回はレジストリのWindows Searchを編集するが、レジストリにはWindows 10の動作に必要なシステムの重要な値が書き込まれており、レジストリを誤って編集してしまうと最悪の場合、Windows 10が起動できなくなってしまうので、Windows Searchの関係のない部分やWindows Search以外のレジストリの編集は行わないようにしよう。また、実際にWindows Searchを編集する際も操作しているレジストリ値が本当に、Windows Searchの値なのかを十分に確認しながら編集作業を行なってほしい。
 
・レジストリエディタを開く

 Windows 10でWindows Searchレジストリの値を編集してCortanaを削除・無効にするには、Windows 10に搭載されているレジストリエディタと呼ばれる、レジストリの操作・編集専用のツールを起動しなければいけない。レジストリエディタの起動方法から見ていこう。

Windows 10ではレジストリエディタの起動を「ファイル名を指定して実行」から行う。「Windowsキー + R」を押下して、「ファイル名を指定して実行」をクリックしたら、名前の部分に「regedit」と入力してエンターキーを押下しよう

レジストリエディタ起動前に、ユーザアカウント制御が表示されるので、「はい」を押してレジストリエディタの起動を許可する

・「Windows Search」を開き編集する

 レジストリエディタを起動したら、いよいよWindows Searchのレジストリ値の編集作業を行う。冒頭でも説明したがレジストリの編集で誤った作業を行ってしまうと最悪の場合、Windows 10が起動できなくなってしまう。そのため、レジストリ編集を行う際には本当にそのレジストリが「Windows Search」なのか十分に再確認を行ってから編集作業に入ってほしい。

レジストリエディタを起動したらレジストリが階層で表示されているので、「コンピューター → HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows」の順にレジストリの階層を開いていく

Windowsの階層にたどり着くと、Windows Searchというレジストリが登録されているので、Windows Searchをダブルクリックして開き編集可能な状態にしよう

・レジストリキーに値を追加する

 Windows Searchの編集画面を表示することが出来たら、Windows Searchにレジストリキーを追加して、Cortanaを無効にする。なお、レジストリの編集は再起動後から有効になるので、Windows Searchのレジストリキーを追加したら再起動が必要だ。

Windows Searchのレジストリを表示したら、値に「0」を追加する

Windows Searchのレジストリ編集が完了したらシステムを再起動して、Cortanaの削除・無効化は完了だ

【Windows 10】Cortanaを削除、無効にする方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCortanawindows10】の最新ニュースをいち早くお届けします。