クラブハウス、さらに逆風? インスタでも同種の「ライブルーム機能」実装か?

SNS内でも強力なシェアを誇る「インスタグラム」が、最近注目を集めている音声SNS「クラブハウス(Clubhouse)」に対抗しているとも思える音声チャット機能となるグループライブストリーミングの強化を試みている。インスタグラムは、最大4人のユーザーがライブ番組を配信できる「ライブルーム機能」を導入予定だと3月1日にアナウンスした。これまでは最大2人までとしていた参加人数を4人に増やし、日本を含む世界各国でロールアウト中。クラブハウスに対抗する姿勢を構えている。Twitterにもクラブハウスのような音声チャット感覚でフォロワーに気軽にトークを聴かせることができる音声チャット「スペース」機能を追加。クラブハウスが下火になった今のタイミングを狙ったマーケティング戦略か。

ライブトークショーやインタビューに最適

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

当初の勢いダウンのクラブハウス。競合他社の動向をうかがい合うSNSのシェア争いは今後も続きそうな予感

 2017年から2人でのライブ配信が可能となっていたインスタグラム。ライブルーム機能を使えば、インタビューやライブトークショーのほか、ミュージシャン同士のジャムセッションの場としても重宝できる。ライブ配信にはコミュニティ・ガイドラインに違反し、アクセス拒否された人は視聴できない安全な仕様に。今後は不適切な投稿は除外できるような「モデレーション機能」の追加も検討しているようだ。
 ライブ配信への参加人数が増えることによって、ますます利用シーンの幅が広がるライブルーム機能。音声のみに特化したクラブハウスよりも、もともとの利用スタイルからプラスαでの新機能となるため、音声SNSに手を出してこなかったユーザーに響きそうだ。

クラブハウス、さらに逆風? インスタでも同種の「ライブルーム機能」実装か?のページです。オトナライフは、【SNSClubhouseInstagram音声SNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。