【最新版】本当に安い格安SIMはどれ? IIJmio、mineo、nuroモバイル、OCN モバイル ONEを比較!

2021年3月25日、満を持してNTTグループの格安SIM最大手「OCN モバイル ONE」が新料金プランを発表した。これまでも「IIJmio」「mineo」「nuroモバイル」などが値下げを発表しているが、結局どこがいちばんお得なのだろうか? そこで今回は、2021年春の格安SIM料金プランを徹底比較! 本当に安い格安SIMを紹介するぞ!

ようやく出揃った2021年春の格安SIM新料金プラン!

 2020年12月、ドコモの「ahamo(アハモ)」が月20GB+1回5分かけ放題込みで月額2,980円(現在は月額2,700円)という格安プランを発表して以来、auは「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクは「LINEMO(ラインモ)」を発表して追随した。この動きに慌てたのが格安SIMである。何しろ大手キャリアのほうが格安SIMよりも安くなってしまったのだ。もちろん、格安SIMも黙ってはいない。さっそく新料金プランを発表して対抗し始めた。
 まず、2021年1月27日に「mineo(マイネオ)」が月1GBで月額1,180円の「マイピタ」を発表。これに対し、2021年2月24日には最大手の「IIJmio(アイアイジェイミオ)」が月2GBで月額780円の「ギガプラン」で対抗する。だが、格安SIMの値下げ合戦はこれで終わりではなかった。2021年3月3日、ソニーネットワークコミュニケーションズの「nuroモバイル(ニューロモバイル)」は、月3GBで月額780円、月5GBで月額900円という驚異的な「バリュープラス」を発表することになる。
 そんななか、2021年3月12日に新料金プランの発表を予定していたNTTコミュニケーションズの格安SIM「OCN モバイル ONE」は、ライバルの値下げ発表が相次いだこともあり、新料金プラン発表を延期。2021年3月25日になってようやく新料金プランを発表することになったのである。果たして、どこが一番安いのか?

(Image:mineo.jp)

最初に動いたのは「mineo」だった。マイピタの音声SIMは、月1GBで月額1,180円、月5GBで月額1,380円、月10GBで月額1,780円、月20GBは月額1,980円と、従来よりかなりお得なプランとなっている。また、ほかのmineoユーザと余ったデータをシェアしたり、贈ったりできるユニークなサービスが特徴的

(Image:iijmio.jp)

最大手の「IIJmio」のギガプランの音声SIMは、月2GBで月額780円、月4GBで月額980円、月8GBで月額1,380円、月15GBで月額1,680円、月20GBは月額1,880円と、mineoを圧倒する安さ。しかも、IIJmioひかりのセット割で毎月600円も割引になる

(Image:mobile.nuro.jp)

ソニーグループの格安SIM「nuroモバイル」。新プラン「バリュープラス」の音声SIMは、月3GBで月額720円、月5GBで月額900円、月8GBで月額1,350円と、8GB以下のプランではIIJmioより安いプランを提示。しかも、5GBプランは3GB、8GBプランは6GBのデータ量が3カ月ごとにプレゼントされる「Gigaプラス」でお得に!

【最新版】本当に安い格安SIMはどれ? IIJmio、mineo、nuroモバイル、OCN モバイル ONEを比較!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidIIJmiomineonuroモバイルOCNモバイルONEスマホ格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。