Google「Stack」は日本の紙文化を脱却させペーパーレス化を加速させる?

経費削減や環境保護の観点から日本でも徐々に推奨されてきた企業や学校のペーパーレス化は、コロナ禍によってさらに加速することになったのではないだろうか。テレワークやオンラインでのコミュニケーションによって電子データでのやり取りが格段に増え、日本でも書類などの管理方法が大きく変わりつつある。そんな中Googleから、文書の整理や管理をデジタルで支援するアプリ「Stack」が実験的にリリースされた。ペーパーレス化の急速な進化も期待できるStackとはどういったものだろうか。

撮影するだけでデータ化&自動分類、テキスト化まで

テレワークの問題点として、紙ベースの業務が大半のためオンラインの業務が進まないという企業も多いという

 日本のペーパーレス化は、世界の先進国の中でもかなりの後れをとっていると言われている。これは日本に根付く“紙・印鑑文化”のためとも言われているが、働き方改革やコロナ禍でのテレワーク推奨の波も相まって2020年10月に政府は行政手続きにおけるハンコ廃止の動きを明かした。そして、ペーパーレス化に勢いをつけるかもしれない新たなサービスが登場したというから注目だ。

 Googleは3月30日、紙で発行された書類を電子化できるサービスであるStackを発表。領収書や身分証明書をはじめ、様々な紙の書類の写真を撮影すると自動的にスキャンして名前を付け、カテゴリーに分類する。スキャン中には書類上で最も重要な情報も判別され、その情報をもとに利用者は書類の検索やアクセスが可能になるという。また、書類のタイトルだけでなく全文から必要なテキストを検出しアクセスできるのも、他サービスとは大きく異なる点だ。

 こうなると、あらゆる企業機密情報や個人情報がデータ化されることとなり、セキュリティ面の強化がこれまで以上に求められてくるだろう。しかし、そこはGoogle。高性能なセキュリティとテクノロジーを活かして情報を保護するとしている。アプリを使いはじめる際には、ログイン時の顔認証・指紋認証によるセキュリティのカスタマイズもできる。まだ実験段階ではあるが、安全性もしっかりと担保されているようだ。
 便利かつ効率的なアプリであることが伺えるが、日本の企業はどれほど積極的に導入に踏み込むだろうか。

Google「Stack」は日本の紙文化を脱却させペーパーレス化を加速させる?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleStackペーパーレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。