燃え尽き症候群? マイクロソフトの調査結果でテレワーク下で“あの時間”が2.5倍に!

マイクロソフトが3月22日に発表した、「Microsoft Teams」をはじめとする同社製のワークプレイス・ツールを利用したやりとりに関する調査結果を明らかにした。調査結果によると、テレワークが普及した2021年2月には会議に使用した時間が前年と比べて2.5倍に膨れ上がっているようだ。社内でのチャットのやりとりも45%増加の傾向に。テレワークとともに多くの企業で導入されたビジネスチャットツールによっていつでも連絡が取れてしまう労働環境が、就業時間を長引かせ労働環境の悪化を招いているのだろう。
感染リスクを避けたテレワークの導入から新しい働き方に変化し、自分の時間を尊重できる自由なワークライフへと移行する流れになったように見えた。しかしそんなテレワーク下において労働時間が以前よりも伸びてしまっていることを考えると、完全にテレワークへと移行するのではなく、テレワークと出社の2つの働き方を組み合わせるのが最適なのかもしれない。

テレワークで燃え尽き症候群が蔓延?

(Image:The Art of Pics / Shutterstock.com)

同調査結果の回答者の50%以上が「働きすぎ」を自覚

 これまでは会社のオフィスで顔を合わせるなどでコミュニケーションを取っていたメンバーが、テレワークとなってそのつながりがアナログからデジタルに置き換えられたことは読者のみなさんもご存知の通りだ。しかしそんなデジタルの力を、マイクロソフトのレポートでは「労働者に対するデジタルの圧力は大幅に増している」と報告している。
 夜間や週末にもメッセージが届くこともありそれが確認できてしまう環境にあるため労働時間は延びてしまい、レポートでも就業時間外のチャットが42%増加していることが指摘されている。最近ではヨーロッパなどで「つながらない権利(勤務時間外の連絡を拒否できる権利)」の法整備が進んでいる、とするニュースも報じられていることからも、この問題の深刻さがわかるだろう。

 また、レポートでは「同じチームのメンバーとのコミュニケーションは増えたが、他チームのメンバーとのコミュニケーションは減った」という調査結果も伝えている。これには「新しいアイデアが生まれにくくなる」といったデメリットがあり、これまでの何気ない雑談が業務にも良い影響をもたらしていたことがあらためて浮き彫りとなった。

燃え尽き症候群? マイクロソフトの調査結果でテレワーク下で“あの時間”が2.5倍に!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftMicrosoft TeamsWeb会議チャットツールテレワークハイブリッド勤務ビデオ会議】の最新ニュースをいち早くお届けします。