PayPay銀行誕生も名称への批判続出! 経済圏争いにも波紋を呼びそうだが些細なこと?

「ジャパンネット銀行」の社名変更が4月5日に行われ、QRコード決済サービス「PayPay」の名を冠する「PayPay銀行」として生まれ変わった。母体となるZホールディングスとしては、今後金融サービスをPayPayブランドへと統一することを目指していくようだ。インパクトの大きな社名変更ということもあって、サービス初日から多くのユーザーが反応をみせるなど話題を呼んでいた。
今回は、この社名変更の影響や今後の動向について考えていきたい。

スマホとの連携強化で、今まで以上に便利な銀行を目指す

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

4月5日に新たに誕生したPayPay銀行

 「ジャパンネット銀行」が社名変更を行い、4月5日からPayPay銀行として新たなスタートを切った。これはZホールディングス傘下による金融サービスのブランド統一化の一環で、PayPay銀行の他にも複数のサービスが今後「PayPay〇〇」へと名称を変更することが発表されている。
しかしネット上ではこの名称変更に対する疑問の声が続出。Twitter上でも「PayPay銀行って…。ダサ過ぎる」「支払イメージが強くなるなぁ。貯めるイメージは全くないねぇ…」など、イメージダウンを嘆くユーザーの声や、「PayPay銀行になるというニュース見て即座に解約してソニー銀行へ移りました」と、実際に他行へ移ったという報告も。中には「PayPayって、カネ払え!カネ払え!」っていう意味だから、とくに外国のクライアント宛の請求書にこの銀行名を表示することは下品すぎてできない。入金口座は別のところにしようと、外国とのやりとりで実害が出る前に対策をしているユーザーまで見受けられた。

PayPay銀行誕生も名称への批判続出! 経済圏争いにも波紋を呼びそうだが些細なこと?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayPayPay銀行QRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。