モバイルSuica、深夜コンビニ決済での意外な落とし穴とは!

お得なモバイルSuicaチャージ方法は?

 そもそも、モバイルSuicaのチャージはクレカや現金による入金が可能。現金の場合はリアルカードのSuica同様、コンビニやセブン銀行ATM、駅構内のモバイルSuica対応チャージ機(通常の券売機や駅の窓口は不可)から入金できる。ただし、モバイルSuicaのチャージ上限は2万円まで。1回にチャージできるのは500円単位で1万円までとなっている。モバイルSuicaのチャージについては→こちらで確認してほしいが、イザというときに残高不足にならないようにチャージしておきたい。
 なお、JR東日本の公式クレカ「ビュー・カード」で定期券を購入したりチャージするとJRE POINTが3倍(1,000円で15pt)付与されてとってもお得。どうせモバイルSuicaにチャージするなら、お得なクレカも用意しておきたい。

モバイルSuicaは簡単にクレカからチャージできる。「入金(チャージ)」を押す(左写真)。次に金額とクレカを選択してチャージすればいい(右写真)

(Image:jreast.co.jp)

JR東日本のビュー・スイカで定期券を購入したりチャージすると、JRE POINTが3倍(1,000円で15pt)付与されてお得!

 いかがだろうか?「今時、現金なんてありえない。スマホだけでOKでしょ!」なんて現金主義のオジサンをバカにしておきながら、深夜のコンビニで恥ずかしい思いをしないように、モバイルSuicaの残高には注意しよう。また、万一に備えてPayPayや楽天ペイといったQRコードが利用できるようにしておけば、このような事態に陥っても慌てずに済むだろう。

【リンク先URL】
●JR東日本「モバイルSuica」(公式)は→こちら
●ビュー・スイカ(公式)は→こちら

文=植村照明/編集・ライター

モバイルSuica、深夜コンビニ決済での意外な落とし穴とは!のページです。オトナライフは、【マネーJR東日本キャッシュレスモバイルSuica】の最新ニュースをいち早くお届けします。