ClubhouseがおじさんのSNSに? さっそく若者離れで“Facebook化”の予兆

2020年3月にアメリカのAlpha Exploration社がリリースした音声SNS・Clubhouse。日本では2021年1月末から突如大流行したが、熱狂的な人気が一段落しブームが去りつつあるようにも見える。そんなClubhouseを利用したことがあるユーザーを対象に、LINEリサーチが計5回の調査を実施している。今回は各回の結果とその経過からみる今後のClubhouseの進むかもしれない道を考えていきたい。

10代のClubhouse利用経験率が減少

(Image:Boumen Japet / Shutterstock.com)

Clubhouseでは、ユーザーを応援できる投げ銭制度も導入予定

 同調査は1月30日の第1回から始まり、2月27日には第5回の調査が行われた。約1カ月の間に起こったユーザーの変化について見てみると、第1回に19%だったClubhouseの認知度は第3回の調査で66%となるまでは順調な伸びを見せていた。しかし第4回には69%、第5回目も69%と、2月中旬以降の調査では認知率が横ばいに。一気に話題となって注目を集めるスタートダッシュには成功したものの、その後は伸び悩んでいる様子が伺えた。

10代の利用経験率については、2月13日に行われた第3回の11%をピークに、2月20日の第4回、2月27日の第5回ともに5%と著しく減少していることが分かった。一方で、20代の利用経験率では第3回の13%についで第5回の11%が2番目に多い結果に。30代・40代についても同様に第3~5回で微々たる差はあるものの大きな減少は見られなかった。さらに第3回の調査では利用経験者の割合が、学生28%だったのに対し、第4回・第5回ともに学生17%と減少していることからも、若者から支持されなくなってきていることが伺える。今後は10代よりも、20代・30代・40代といった層を中心に利用者が増えていきそうだ。

ClubhouseがおじさんのSNSに? さっそく若者離れで“Facebook化”の予兆のページです。オトナライフは、【SNSClubhouseFacebookSNS音声SNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。